PERFORMANCE

【原著論文】​​​
  1. Makito Suga, Ryuichi Nishii, Kenta Miwa, Yuto Kamitaka, Kana Yamazaki, Kentaro Tamura, Naoyoshi Yamamoto, Ryosuke Kohno, Masato Kobayashi, Katsuyuki Tanimoto, Hiroshi Tsuji, Tatsuya Higashi. Differentiation between non-small cell lung cancer and radiation pneumonitis after carbon-ion radiotherapy by 18F-FDG PET/CT texture analysis, Scientific Reports, 11, 11509, 2021.

  2. Masatoshi Hotta, Ryogo Minamimoto, Yoshimasa Gohda, Kenta Miwa, Tomomichi Kiyomatsu, Hideaki Yano. Prognostic value of 18F-FDG PET/CT with texture analysis in patients with rectal cancer treated by surgery, Ann Nucl Med, 35(7), 843-852, 2021.

  3. Eisuke Sato, Kei Fukuzawa, Hiroyuki Takashima, Yuya Yamatani, Yasuo Takatsu, Junichi Hata, Keigo Hikishima, Kenta Miwa: Evaluation of a polyethylene glycol phantom for measuring apparent diffusion coefficients measurement using three 3.0 Tesla MRI systems, Applied Magnetic Resonance, 52, 619-631, 2021.

  4. Tensho Yamao, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Go Akamatsu, Yoko Shigemoto, Noriko Sato, Hiroshi Ito, Hiroshi Matsuda. Centiloid scale analysis for 18F-THK5351 PET images of Alzheimer’s disease, Phys Med, 82, 249-254, 2021.

  5. Kyohei Okuda, Daisuke Hasegawa, Takashi Kamiya, Hajime Ichikawa, Takuro Umeda, Takushi Ohkubo, Kenta Miwa. Multicenter study of quantitative SPECT imaging: reproducibility of 99mTc quantitation using a conjugated gradient minimization reconstruction algorithm, 2021. J Nucl Med Technol, 49(2), 138-142, 2021.

  6. Hajime Ichikawa, Toyohiro Kato, Kenta Miwa, Takayuki Shibutani, Koichi Okuda, Akio Nagaki, Hiroyuki Tsushima, Masahisa Onoguchi. Current state of oncologic 18F-FDG PET/CT in Japan: A nationwide survey, Asia Oceania J Nucl Med Biol. 2021, in press.

  7. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Kazuki Motegi, Kosuke Yamashita, Takashi Terauchi, Masahisa Onoguchi. Patient arm position during quantitative bone SPECT/CT acquisition can affect image quality and quantitative accuracy: a phantom study, Nucl Med Commun, 42(3), 267-273, 2021.

  8. 我妻慧、三輪建太、坂田宗之、石橋賢士、石井賢二:18F-florbetapirアミロイドPETイメージングの解析ソフトウェアの交差検証、日放技雑誌、77(1), 32-40, 2021.

  9. Hiroshi Matsuda, Kengo Ito, Kazunari Ishii, Eku Shimosegawa, Hidehiko Okazawa, Masahiro Mishina, Sunao Mizumura, Kenji Ishii, Kyoji Okita, Yoko Shigemoto, Takashi Kato, Akinori Takenaka, Hayato Kaida, Kohei Hanaoka, Keiko Matsunaga, Jun Hatazawa, Masamichi Ikawa, Tetsuya Tsujikawa, Miyako Morooka, Kenji Ishibashi, Masashi Kameyama, Tensho Yamao, Kenta Miwa, Masayo Ogawa, Noriko Sato. Quantitative evaluation of 18F-flutemetamol PET in patients with cognitive impairment and suspected Alzheimer’s disease: a multicenter study, Front Neurol, 11: 578753, 2021.

  10. Kei Wagatsuma, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Akira Hirayama, Hirofumi Kawakami, Kenta Miwa, Yukihisa Suzuki, Kenji Ishii: Direct comparison of [18F]FDG brain images acquired by SiPM-based and PMT-based PET/CT: phantom and clinical studies, EJNMMI Phys, 7, 70, 2020.

  11. Tokiya Yoshii*, Kenta Miwa*, Masashi Yamaguchi, Kai Shimada, Kei Wagatsuma, Tensho Yamao, Yuto Kamitaka, Seiya Hiratsuka, Rinya Kobayashi, Hajime Ichikawa, Noriaki Miyaji, Tsuyoshi Miyazaki, Kenji Ishii. Optimization of a Bayesian penalized likelihood algorithm (Q.Clear) for 18F-NaF bone PET/CT images acquired over shorter durations using a custom-designed phantom, EJNMMI phys, 7, 56, 2020. (*Contributed equally)

  12. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Reo Nemoto, Masaki Masubuchi, Yuto Kamitaka, Tensho Yamao, Seiya Hiratsuka, Masashi Yamaguchi, Tokiya Yoshii, Rinya Kobayashi, Noriaki Miyaji, Kenji Ishii: Detection of sub-centimeter lesions using digital TOF-PET/CT system combined with Bayesian penalized likelihood reconstruction algorithm, Ann Nucl Med, 34(10), 762-771, 2020.

  13. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Ayaka Tokiwa, Hajime Ichikawa, Masahisa Onoguchi: Phantom and clinical evaluation of bone SPECT/CT image reconstruction with xSPECT algorithm, EJNMMI research. 10, 71, 2020.

  14. Hajime Ichikawa, Kenta Miwa, Koichi Okuda, Takayuki Shibutani, Toyohiro Kato, Akio Nagaki, Hiroyuki Tsushima, Masahisa Onoguchi. Current state of bone scintigraphy protocols and practice in Japan, Asia Oceania J Nucl Med Biol. 8(2), 116-122, 2020.

  15. 加藤豊大、市川肇、三輪建太、奥田光一、長木昭男、對間博之、澁谷孝行:国内の核医学検査における追加撮像の実態調査、日放技雑誌、76(3), 285-294, 2020.

  16. Takayuki Shibutani, Koichi Okuda, Hajime Ichikawa, Toyohiro Kato, Kenta Miwa, Hiroyuki Tsushima, Masahisa Onoguchi, Akio Nagaki. Imaging technology for myocardial perfusion single photon emission computed tomography 2018 in Japan, Jpn J Radiol, 38(3), 274-283, 2020.

  17. Masatoshi Hotta, Ryogo Minamimoto, Kenta Miwa.11C-methionine-PET for differentiating recurrent brain tumor from radiation necrosis: radiomics approach with random forest classifier, Scientific Reports, 39(1), 15666, 2019.

  18. Kei Wagatsuma, Kiichi Ishiwata, Fumiyoshi Nobuhara,  Iwane Koumura, Masayuki Kunugi,Keiichi Oda, Kenta Miwa, Jun Toyohara, Kenji Ishii. Pre-discarded estimation of the radio-activated material in the PET cyclotron systems and inner concrete walls of cyclotron vault, , Medical Physics, 46(5), 2457-2467, 2019.

  19. Thet Pe Win, Yoshiyuki Hosokai, Takashi Minagawa, Kenzo Muroi, Kenta Miwa, Ayaka Maruyama, Toshiya Yamaguchi, Kazuto Okano, Khin Moh Moh Htwe, Haruo Saito. Comparison of count normalization methods for Statistical Parametric Mappong analysis using a digital brain phantom obtained from fluorodeoxyglucose-positron emission tomography, Asian Oceania J Nuclear Med Biol, 7(1), 58-70, 2019.

  20. Kenta Miwa*, Kei Wagatsuma*, Takashi Iimori, Koichi Sawada, Takashi Kamiya, Minoru Sakurai, Noriaki Miyaji, Taisuke Murata, Eisuke Sato. Multicenter study of quantitative PET system harmonization using NIST-traceable 68Ge/68Ga cross calibration kit, Physica Medica, 52, 98-103, 2018. (*Contributed equally)

  21. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Muneyuki Sakata, Motoki Inaji, Kenta Miwa, Masayuki Sasaki, Jun Toyohara, Kenji Ishii. Validation of scatter limitation correction to eliminate scatter correction error in 15O gas-inhalation PET images, Nucl Med Commun, 39, 936-944, 2018.

  22. 宮司典明、茂木一樹、深井翔平、島田直毅、三輪建太、中澤脩人、梅田拓朗、滝口智洋、寺内隆司、小泉満:新たなディスポーサブルキットを用いたPET用自動投与装置の投与精度、日放技雑誌、2018, 74(6), 539-545.

  23. Shotaro Yamaguchi, Kei Wagatsuma, Kenta Miwa, Kenji Ishii, Kazumasa Inoue, Masahiro Fukushi: A Bayesian penalized-likelihood reconstruction algorithm suppresses edge artifacts in the point-spread function-based PET reconstruction, Physica Medica, 2018, 47, 73-79.

  24. Takuro Umeda*, Kenta Miwa*, Taisuke Murata, Noriaki Miyaji, Kei Wagatsuma, Kazuki Motegi, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi. Optimization of a shorter variable-acquisition time of the legs for the true whole-body PET/CT imaging. Australas Phys Eng Sci Med, 2017, 40(4), 861-868.  (*Contributed equally)

  25. Kei Wagatsuma*, Kenta Miwa *, Muneyuki Sakata, Keiichi Oda, Haruka Ono, Masashi Kameyama, Jun Toyohara, Kenji Ishii. Comparison between new-generation SiPM-based and conventional PMT-based TOF-PET/CT, Physica Medica, 2017, 42: 203-210. (*Contributed equally)

  26. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Kenta Miwa, Motoki Inaji, Muneyuki Sakata, Kiichi Ishiwata, Masayuki Sasaki, Kenji Ishii. Effects of the novel tungsten-impregnated rubber neck-shield on quality of cerebral imaging in a 15O-labeled gas study, Radiol Phys Technol, 2017, 10(4), 422-430.

  27. 梅田拓朗、宮司典明、中澤脩人、三輪建太、我妻慧、茂木一樹、滝口智洋、小泉満:223Raイメージングにおける異なるコリメータとエネルギーウィンドウの設定が総合感度と総合空間分解能に与える影響,日放技雑誌, 2017, 73(11), 1132-1139.

  28. 中澤脩人、梅田拓朗、宮司典明、三輪建太、我妻慧、茂木一樹、滝口智洋、寺内隆司、小泉満、臼井桂介、笹井啓資:呼吸同期PET/CTを用いた横隔膜境界における肉眼的腫瘍体積の算出能の評価、日放技雑誌, 2017, 73(8): 617-625.

  29. 市川肇、加藤豊大、島田秀樹、渡邊洋一、三輪建太、松友紀和、三須義直、小野口昌久:新しい骨シンチグラフィ評価用胸部ファントムを用いた検出能の評価、核医学技術, 2017, 37: 229-238.

  30. 宮司典明、三輪建太、茂木一樹、梅田拓朗、我妻慧、深井翔平、滝口智洋、寺内隆司、小泉満:骨SPECT定量における異なる校正用線源の相互校正の精度、日放技雑誌、2017, 73(6):443-450.

  31. Noriaki Miyaji*, Kenta Miwa*, Kei Wagatsuma, Taisuke Murata, Takuro Umeda, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi. Comparison of 3 devices for automated infusion devices of positron-emitting radiotracers. J Nucl Med Tech, 2017, 45(2):91-95. (*Contributed equally)

  32. 我妻慧,大澤達史,横川直樹,三輪建太,織田圭一,工藤善朗,海野泰,伊藤公輝,石井賢二:肝臓腫瘍に対する呼吸同期PET/CTの非線形レジストレーション処理の有用性、日放技雑誌、2016, 72(11):1067-1073.

  33. Taisuke Murata*, Kenta Miwa*, Noriaki Miyaji, Kei Wagatsuma, Tomoyuki Hasegawa, Keiichi Oda, Takuro Umeda, Takashi Iimori, Yoshitada Masuda, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi: Evaluation of the spatial dependence of the point spread function-based PET reconstruction using a traceable point-like 22Na source,EJNMMI physics, 3(1):1-10, 2016. (*Contributed equally)

  34. Toshiki Takeshita, Keishin Morita, Yuji Tsutsui, Daisuke Kidera, Shohei Mikasa, Akira Maebatake, Go Akamatsu, Kenta Miwa, Shingo Baba, Masayuki Sasaki: The influence of respiratory motion on the cumulative SUV-volume histogram and fractal analyses of intratumoral heterogeneity in PET/CT imaging, Ann Nucl Med, 30(6), 393-399, 2016.

  35. Akira Maebatake, Ayaka Imamura, Yui Kodera, Yasuo Yamashita, Kazuhiko Himuro, Shingo Baba, Kenta Miwa, Masayuki Sasaki: Evaluation of iterative reconstruction method and attenuation correction on brain dopamine transporter SPECT using anthropomorphic striatal phantom, Asia Oceania J Nucl Med Biol. 4(2), 72-80, 2016.

  36. Akihiko Takahashi, Kenta Miwa, Shingo Baba, Masayuki Sasaki: A Monte Carlo study on Ra-223 imaging for unsealed radionuclide therapy, Med Phys, 43(6), 2965-2974, 2016.

  37. Daisuke Kidera, Ken Kihara, Go Akamatsu, Shohei Mikasa, Takafumi Taniguchi, Yuji Tsutsui, Toshiki Takeshita, Akira Maebatake, Kenta Miwa, Masayuki Sasaki. The edge artifact in the point spread function-based PET reconstruction at different sphere-to background ratios of radioactivity. Ann Nucl Med, 30(2), 97-103, 2016.

  38. Akira Maebatake, Go Akamatsu, Kenta Miwa, Yuji Tsutsui, Kazuhiro Himuro, Shingo Baba, Masayuki Sasaki: Relationship between the image quality and noise-equivalent-count in time-of-flight positron emission tomography, Ann Nucl Med, 30(1), 68-74, 2016.

  39. Kenta Miwa, Takuro Umeda, Taisuke Murata, Kei Wagatsuma, Noriaki Miyaji, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki. Evaluation of scatter limitation correction: a new method of correcting photopenic artifacts caused by patient motion during whole-body PET/CT imaging, Nucl Med Commun, 37(2), 147-54, 2016.

  40. 市川肇、三輪建太、松友紀和、渡邉洋一、加藤豊大、島田秀樹:骨等価溶液を用いた骨SPECT評価用ファントムの開発、日放技雑誌、2015, 71(12):1235-40.

  41. Mitsuru Koizumi, Noriaki Miyaji, Taisuke Murata, Kazuki Motegi, Kenta Miwa, Masamichi Koyama, Takashi Terauchi, Kei Wagatsuma, Kazunori Kawakami, Jens Richter. Evaluation of a revised version of computer-assisted diagnosis system, BONENAVI version 2.1.7, for bone scintigraphy in cancer patients. Ann Nucl Med, 29(8), 659-665, 2015.

  42. Kenta Miwa, Masayuki Inubushi, Yasuto Takeuchi, Tetsuro Katafuchi, Mitsuru Koizumi, Tsuneo Saga, Masayuki Sasaki: Performance characteristics of a novel clustered multi-pinhole technology for simultaneous high-resolution SPECT/PET, Ann Nucl Med, 29(5), 460-466, 2015.

  43. Mitsuru Koizumi, Kei Wagatsuma, Noriaki Miyaji, Taisuke Murata, Kenta Miwa, Tomohiro Takiguchi, Tomoko Makino, Masamichi Koyama: Evaluation of a computer-assisted diagnosis system, BONENAVI version 2, for bone scintigraphy in cancer patients in a routine clinical setting, Ann Nucl Med, 29(2), 138-148, 2015.

  44. 三輪建太、我妻慧、梅田拓朗、宮司典明、村田泰輔、大澤敦、滝口智洋、小泉満、佐々木雅之:位相呼吸同期PET/CT撮像によるPET定量値の改善率の検討、日放技雑誌、70(11), 1235-1242, 2014.

  45. Taisuke Murata*, Kenta Miwa*, Fumiyasu Matsubayashi, Kei Wagatsuma, Kenta Akimoto, Tshioh Fujibuchi, Noriaki Miyaji, Tomohiro Takiguchi, Masayuki Sasaki, Mitsuru Koizumi: Optimal radiation shielding for beta and bremsstrahlung radiation emitted by 89Sr and 90Y: validation by empirical approach and Monte Carlo simulations, Ann Nucl Med, 28(7), 617-622, 2014. (*Contributed equally)

  46. 我妻慧、三輪建太、宮司典明、村田泰輔、梅田拓朗、大澤敦、滝口智洋、小泉満:薬剤供給システムの異なる18F-FDG PET/CT検査における臨床画像の比較、日放技雑誌、70(4), 339-345, 2014.

  47. 我妻慧、三輪建太、秋本健太、對間博之、宮司典明、梅田拓朗、村田泰輔、滝口智洋、小泉満:ガンマカメラ用57Co面線源の基礎的検討と日常点検への利用、日放技雑誌、70(2), 148-153, 2014.

  48. Kenta Miwa, Masayuki Inubushi, Kei Wagatsuma, Michinobu Nagao, Taisuke Murata, Masamichi Koyama, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: FDG uptake heterogeneity evaluated by fractal analysis improves the differential diagnosis of pulmonary nodules, Eur J Radiol, 83, 715-719, 2014.

  49. 宮司典明、三輪建太、我妻慧、梅田拓朗、村田泰輔、滝口智洋、小泉満:トレーサブル68Ge/68Ga標準線源を用いたPET用ドーズキャリブレータの精度管理、日放技雑誌、69(12), 1379-1386, 2013.

  50. Tomoyuki Hasegawa, Keiichi Oda, Yasuhiro Wada, Toshiaki Sasaki, Yasushi Sato, Takahiro Yamada, Mikio Matsumoto, Hideo Murayama, Kei Kikuchi, Hiroki Miyatake, Yutaka Abe, Kenta Miwa, Kenta Akimoto, Kei Wagatsuma: Validation novel calibration scheme with traceable point-like 22Na sources on six types of PET scanners, Ann Nucl Med, 27, 346-354, 2013.

  51. 大澤敦、三輪建太、我妻慧、滝口智洋、田村慎太郎、秋本健太:三次元PET収集における被写体断面積と画質の関係, 日放技雑誌, 68, 1600-1607, 2012.

  52. 大澤敦、滝口智洋、田村慎太郎、大橋聖、三輪建太、秋本健太、我妻慧:CT-transmissionの呼吸管理がPET/CTの融合精度に与える影響―600人を対象とした標準呼気と自由呼吸の比較-, 日放技雑誌, 66, 743-748, 2010.

  53. Akiko Okawa, Tokuo Umeda, Nao Fukuchi, Kenta Miwa, Naotaka Hashiguchi: Development of a telesupport system for outpatients, The Kitasato Medical Journal, 38, 1-8, 2008.

  54. 三輪建太,梅田徳男,阿見年典,福地奈緒,山本修司,橘英伸,大松将彦,大川明子:電子透かし技術を用いた医用画像の秘匿性確保・著作権保護システムの構築:医療情報学,27,1057-1060,2007.

【総説・報告書】

  1. 青木卓、坪井孝達、三木一孝、竹中賢一、對間博之、長木昭男、松本圭一、三輪建太、森一晃、山永隆史、小野口昌久:心筋血流SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0.核医学技術、40(4), 413-426, 2020.

  2. 三輪建太、吉井斗輝也、山尾天翔、上髙祐人、根津翔吾、菅俣祐太、我妻慧、宮司典明:Q.Clearの原理と最適β値の決定方法、GEヘルスケア冊子、1-12, 2020.

  3. 三輪建太:ヨーロッパ核医学会2019(EANM2019)参加報告、核医学技術、40(2), 156-159, 2020.

  4. 我妻慧、坂田宗之、三輪建太、宮司典明:PET測定における定量と精度管理、日放技雑誌、76(4), 437-443, 2020.

  5. 三輪建太、村田泰輔:複合機CTがPET・SPECTの画質と定量性に与える影響、日本放射線技術学会核医学部会誌、41(2), 34-37, 2020.

  6. 三輪建太:知っておくべきCOI、核医学技術、40(1), 122-123, 2020.

  7. 飯森隆志、庄司友和、三輪建太、澤田晃一、石黒雅伸、関本道治、須田匡也、松原孝祐、對間博之:核医学複合装置(SPECT/CT, PET/CT)のCT撮影線量と定量解析値の精度に関する多施設共同研究、日放技雑誌、75(12), 1491, 2019.

  8. 三輪建太:複合機CTがPET・SPECTの画質と定量性に与える影響、日本放射線技術学会核医学部会誌40(2), 30, 2019.

  9. 三輪建太:骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0の概要、第34回青森核医学研究会記録集、34, 1-5, 2019.

  10. 三輪建太:PET/CTにおける定量性の向上とHarmonizationの取り組み、第41回神奈川PET・SPECT研究会記録集、41, 2019 (CD-publication, ISSN 2187-8161)

  11. 三輪建太:国際化について一緒に考えよう〜研究発表トレーニングキャンプの紹介〜、日本放射線技術学会関東支部雑誌、22, 17-18, 2019.

  12. 三輪建太、平塚勢哉、木村周平、我妻慧:アルツハイマー型認知症の超早期診断のためのアミロイド・タウPETの定量評価法の開発・評価、医療の広場、59(4), 14-17, 2019.

  13. 三輪建太:知っておくべきCOI、核医学技術、39(1), 140-141, 2019.

  14. 三輪建太:標準化委員会骨検証チーム、核医学技術、39(1), 120-122, 2019.

  15. 三輪建太、平塚勢哉、木村周平、我妻慧:アルツハイマー型認知症の超早期診断のためのアミロイド・タウPETの定量評価法の開発・評価、政策医療財団研究助成事業報告書、29, 51-56, 2018.

  16. 三輪建太、髙橋裕人、宮司典明、我妻慧、村田泰輔:核医学検査における半定量指標の精度と臨床利用、Jpn. J. Med. Phys., 38(2), 79-84, 2018.

  17. 我妻慧、石橋賢士、三輪建太、石井賢二:ここまでわかる脳機能画像「PETを用いた脳機能計測」、核医学技術学会関東地方会誌, 28(1), 21-25, 2018.

  18. 三輪建太、松友紀和、市川肇:SPECT撮像の標準化に関するガイドライン:骨SPECT撮像ガイドラインの概要、日本核医学技術学会関東地方会広報, 27(4), 10-14, 2018.

  19. 三輪建太:Review of standardization and harmonization for PET image acquisition and standardized uptake value、核医学技術、38(1), 39-42, 2018.

  20. 我妻慧、三輪建太、坂田宗之、小野遥香、石井賢二:Discovery MIの性能評価と脳FDG検査,GE today in technology、51, 25-27, 2017.

  21. 三輪建太、松友紀和、市川肇、菊池明泰、嶋田博孝、成田篤、森一晃、藤埜浩一:骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0、核医学技術、37(1), 517-530, 2017.

  22. 三輪建太、我妻慧、山尾天翔、上髙祐人、松原佳亮、赤松剛、今林悦子:アミロイドPETの定量評価に関する研究、日放技雑誌、73(11), 1165-1174, 2017.

  23. 三輪建太、我妻慧、山口正太郎、小池笑也、平塚勢哉、田中雅之:Q.Clearの原理と最新情報,GE today in technology、50, 24-26, 2017

  24. 三輪建太:表示付認証機器の最新事情について、核医学技術、37(1), 59-60, 2017.

  25. 三輪建太、宮司典明:Standardized uptake values for PET/CT and SPECT/CT in clinical practice, 医学物理、36(Sup.3), 25, 2016.

  26. 佐々木雅之、三輪建太、赤松剛、松友和紀:核医学検査をバイオマーカーとするために求められること,核医学部会誌,37(2), 22-28, 2016.

  27. 我妻慧、對間博之、三輪建太:表示付認証機器の使用に関する国内動向とその対応,核医学技術,36(1), 94-97, 2016.

  28. 宮司典明、三輪建太、梅田拓朗:骨SPECT定量測定の校正について,核医学技術,36(1), 69-72, 2016.

  29. 藤淵俊王、髙根侑美、吉田豊、赤坂勉、三輪建太、杜下淳次:九州大学が取り組む課題解決型高度医療人材養成プログラム「実践能力強化型チーム医療加速プログラム」の概要と進捗状況報告,日本診療放射線技師会誌, 63(3), 62-67, 2016.

  30. 赤松剛、木寺大輔、前畠彬、光元勝彦、筒井悠治、三輪建太、佐々木雅之:PET画像再構成におけるpoint-spread function(PSF)補正とtime-of-flight(TOF), 日本放射線技術学会雑誌, 71(11), 1115-1122, 2015

  31. 三輪建太、我妻慧、佐々木雅之:SUVの装置依存について、医学物理士のための医学物理講習会資料2015,25-35, 2015.

  32. 三輪建太、宮司典明、梅田拓朗、村田泰輔、我妻慧、佐々木雅之:腫瘍PET/CTの定量性の向上に向けて−治療効果判定での利用−、Jpn. J. Med. Phys., 35(1), 30-38, 2015.

  33. 三輪建太:SNMMI2015 第62回米国核医学会参加報告, Rad Fan, 13(9), 106-108, 2015.

  34. 三輪建太、赤松剛、村田泰輔、梅田拓朗、我妻慧、宮司典明、佐々木雅之:腫瘍PET/CTにおける最新の技術的トピックス:PSF補正とTOF補正、臨床放射線,60(6), 787-795, 2015

  35. 梅田拓朗、三輪建太、牧野朋子、村田泰輔、宮司典明、:頭頸部腫瘍の撮影技術・治療技術 PET撮像技術,The Journal of TMIT, 26(1), 18-22, 2015.

  36. 三輪建太:井戸端かいぎ,日本核医学技術学会関東地方会広報,24(1), 44-45, 2014.

  37. 金谷信一、秋本健太、奥山康男、對間博之、三輪建太、我妻慧、大屋信義、小野口昌久、飛坂実、野村悦司:表示付認証機器57Co面線源の安全取扱いに関するガイドライン,核医学技術,34(4), 405-439, 2014.

  38. 三輪建太:CTとMRIにおける新しい心拍同期法によるラット左室駆出率の交差検証, 医療の広場, 54(6), 12-14, 2014.

  39. 三輪建太、赤松剛、筒井悠治、光元勝彦、坂口裕一、我妻慧、佐々木雅之:FDG-PET/CTの呼吸制御に関する研究,日本放射線技術学会雑誌, 70(11), 1344-1352, 2014

  40. 三輪建太、我妻慧、村田泰輔:呼吸同期PET/CTの技術的検討と4次元放射線治療計画に向けて,PET journal, 26, 10-12, 2014

  41. 三輪建太:発見、追跡、そして撲滅へ!〜胸部腫瘤性病変の原発から転移まで〜核医学,Rad Fan, 12(9),36-41, 2014.

  42. 三輪建太:第3回アジア核医学技術学会(ASNMT)に参加して, 核医学技術, 34, 169-170, 2014.

  43. 三輪建太、我妻慧:CTとMRIにおける新しい心拍同期法によるラット左室駆出率の交差検証,公益財団法人政策医療振興財団研究助成事業報告書−放射線−,1-18,2013.

  44. 三輪建太、我妻慧、梅田拓朗、村田泰輔、大澤敦、滝口智洋:放射線治療におけるPETの役割, GE today in technology, 42, 14-17, 2013.

  45. 三輪建太:遠隔転移とその理解:PETによる遠隔転移検索, 日本放射線技術学会核医学分科会雑誌, 66, 44-49, 2013.

  46. 三輪建太:SNM2012に参加して、日本放射線技術学会雑誌,69(3), 340-341, 2013.

  47. 三輪建太:PET「遠隔転移とその理解」,放射線技術学会核医学分科会雑誌,65, 24-25, 2012.

  48. 三輪建太:アクション2012〜診療放射線技師におけるキャリアアップのすすめ〜大学院進学経験者として, 日本核医学技術学会関東地方会広報, 22, 27-30, 2012.

  49. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masayuki Inubushi, Masayuki Sasaki, Tokuo Umeda, et al.: Radiation Shielding for Beta and Bremsstrahlung Radiation from 89Sr and 90Y, 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics, 2011 (USB-publication).

  50. 三輪建太:「密封線源の安全と扱いに関するガイドラインの検討」WG中間報告—各委員会施設からの使用経験について—、核医学技術, 31(3), 175-178, 2011.

  51. 三輪建太、滝口智洋、大澤敦、田村慎太郎:施設紹介-癌研究会有明病院-,核医学技術,30,159-164,2010.

  52. 三輪建太:第3回核医学画像セミナーに参加して:日本放射線技術学会核医学分科会誌, 59, 68, 2009.

  53. 松林史泰,三輪建太,大橋聖,佐藤智春,倉本秋夫,野村悦司,菊池敬,神宮司公司,徳重尊重:89Srイメージングに向けた基礎的検討:日本放射線技術学会東京部会雑誌,110,39-41,2009.

  54. 三輪建太:初めてのRSNA体験リポート 初めての電子的教育展示発表体験,インナービジョン,23,53-54,2008.

  55. 磯辺智範,三輪建太,藤淵俊王,本田賢治,五味勉,佐藤英介,飯森隆志:コンピュータ支援診断(CAD)とは何か:日本核医学技術学会関東地方会誌,17(1),13-18,2007.

  56. 三輪建太:第63回総会学術大会に参加して−学生会員の派遣報告−,日本放射線技術学会雑誌,63,1105-1118,2007

  57. 磯辺智範,飯森隆志,三輪建太,平野雄二,藤淵俊王,尾崎正則,阿武泉,松村明:誌上講座 頭部領域,日本放射線技師会雑誌,54(1),78-82,2007.

 

【著書】

  1. PETの基礎のキソ,付録,金原出版.

  2. 放射線治療 基礎知識図解ノート(第9章非密封核種内用療法:pp224-239),金原出版.

  3. 超実践マニュアル核医学(RI内用療法:pp309-327),医療科学社.

  4. 叢書「初学者のための核医学実験入門」、編集委員(第3章PET実験p64-93、第6章付録p134-135)、共著(3.4 画像再構成条件p74-78、3.7 呼吸同期PET撮像実験p89-93)、日本放射線技術学会.

  5. 新核医学技術総論技術編、編集委員長、編集委員(Ⅳ部)、山代印刷.

  6. 新核医学技術総論臨床編、編集委員長、編集委員(Ⅲ部)、山代印刷.

  7. ​叢書「アーチファクト・アトラス(MRI, CT, SPECT, PET)」、編集委員(4章PET)、共著(4章PET)、日本放射線技術学会.

  8. 放射線治療 基礎知識図解ノート 第2版(第10章核医学治療:pp278-299),金原出版.

 

【講演・シンポジウム】

  1. 三輪建太「知っておくべきCOI」、第40回日本核医学技術学会総会学術大会(2020.11.12)

  2. 三輪建太「Q.Clearの能力を活かしていますか?〜機種の特性を考慮したPET画像再構成条件の設定方法〜」、第20回日本核医学会春季大会(2020.5.14)

  3. 三輪建太「Q.Clearは本当にブラックボックスなのか?〜その中身を徹底解説〜」、GE Webinar(2020.4.15)

  4. ​三輪建太「最新の核医学治療と核医学イメージング」、第7回先端技術研究会(2019.12.21)

  5. 三輪建太「核医学治療と核医学イメージング〜Theranosticsへの期待〜」、2019医学物理士セミナー@名古屋(2019.12.14)

  6. 三輪建太「Q.Clearの原理と実際」、GE PET Technical Seminar in 北陸(2019.11.30)

  7. 三輪建太「骨SPECT定量のワンポイント」、第24回核医学技術研修会(2019.11.23)

  8. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化ガイドラインから見たRapid-骨SPECT撮像の可能性」、第23回FITテクニカルカンファレンス(2019.11.9

  9. 三輪建太「知っておくべきCOI」、第39回日本核医学技術学会総会学術大会(2019.11.2

  10. 三輪建太「国際学会発表に向けて」、日本放射線技術学会第1回関東支部研究発表TERAKOYA(2019.10.27)

  11. ​三輪建太「複合機CTがPET・SPECTの画質と定量値に与える影響」、第47回放射線技術学会秋季学術大会(2019.10.19)

  12. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化ガイドラインから見たRapid-骨SPECT撮像の可能性」、第54回埼玉核医学研究会(2019.10.5)

  13. 三輪建太「局所進行膵臓癌のPET画像における腫瘍内不均一性による新たながん診断法の開発・評価」、第9回国際医療福祉大学学会学術大会(2019.9.15)

  14. 三輪建太「集積不均一評価のための定量的指標」、PETサマーセミナーin福島(2019.8.23)

  15. 三輪建太「PETの定量化・標準化技術とその事例」、第4回大那核医学研究会(2019.8.2)

  16. 三輪建太「骨SPECT画像の標準化と調和化」、第14回MICCS(2019.7.20)

  17. 三輪建太「Rapid bone SPECT/CT撮像の可能性」、第78回日本医学放射線学会総会ランチョンセミナー(2019.4.13)

  18. 三輪建太「研究に取り組もう」、第75回日本放射線技術学会総会学術大会(2019.4.12)

  19. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化と定量評価について」、第12回長野県核医学研究会(2019.3.2)

  20. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0の概要とその後の展望」、第70回栃木県核医学研究会(2019.1.12)

  21. 三輪建太「研究発表トレーニングキャンプの紹介」、日本放射線技術学会関東・東京支部合同研究発表大会2018(2018.12.15)​

  22. 三輪建太「プレシジョン・メディシン時代の幕開け 核医学の定量化・標準化技術とその事例」、平成30年度日本放射線技術学会中国・四国支部セミナー(2018.12.8)

  23. 三輪建太「骨SPECT画像における標準化への試み」、第55回多摩核医学技術検討会(2018.12.4)

  24. 三輪建太「骨SPECT画像における標準化への試み」、第58回日本核医学会学術総会(2018.11.16)

  25. 三輪建太「標準化委員会 骨検証チーム」、第38回日本核医学技術学会総会学術大会(2018.11.15)

  26. 三輪建太「知っておくべきCOI」、第38回日本核医学技術学会総会学術大会(2018.11.15)

  27. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0の概要」、第47回道北核医学セミナー(2018.11.9)

  28. 三輪建太「PET画像のテクスチャー解析」、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会(2018.10.6)

  29. 三輪建太「プロフェッショナルへの道」、第3回研究発表トレーニングキャンプ(2018.9.8)

  30. 三輪建太「英語論文の読み方と国際学会発表に向けて」、第3回研究発表トレーニングキャンプランチョンセミナー(2018.9.8)

  31. 三輪建太「アルツハイマー型認知症の超早期診断のためのアミロイドPETの新しい定量評価法の評価」、第8回国際医療福祉大学学会(2018.8.26)

  32. 三輪建太「Q.Clearにおける最新の技術的トピックス」GE互助会,PETサマーセミナー2018山口湯田温泉(2018.8.24)

  33. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン」、第3回大那核医学研究会(2018.8.3)

  34. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0」、Osaka Nuclear Technologist Conference 特別企画(2018.7.27)

  35. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0の概要」、第13回Good Job Conference in Niigata(2018.7.11)

  36. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0の概要」、第34回青森県核医学研究会(2018.7.7)

  37. 三輪建太「骨シンチの有用性について」日本メジフィジックス社内講演会(関西支店)(2018.6.15)

  38. 三輪建太「骨SPECT撮像ガイドライン:ファントム作成と解析のポイント」、第2回Saitama NMI Meeting(2018.6.9)

  39. 三輪建太「骨SPECTの実践的知識と最新技術」、第72回日本放射線技術学会東京支部春期学術大会(2018.5.19)

  40. 三輪建太「骨SPECT撮像の標準化に関するガイドラインの概要」、第42回核医学の基礎を語る会(KKK)(2018.5.18)

  41. 三輪建太「骨SPECT解析の取り組みと骨SPECT標準化ガイドラインとその後の展望」日本メジフィジックス社内講演会(2018.3.12)

  42. 三輪建太「SPECT撮像の標準化に関するガイドライン」、第36回日本核医学技術学会関東地方会インフォーマルミーティング(2018.1.6)

  43. 三輪建太「PET/CTにおける定量性の向上とHarmonizationの取り組み」、第41回神奈川PET/SPECT研究会(2017.11.11)

  44. Kenta Miwa「Review of standardization and harmonization for PET image acquisition and standardized uptake value」,The 12th Asia Oceanian Congress of Nuclear Medicine and Biology, The 57th JSNM, The 37th JSNMT(2017.10.6)

  45. 三輪建太「Q.Clearの原理と最新情報」、第57回日本核医学会学術総会、第37回日本核医学技術学会総会学術大会ランチョンセミナー1-2(2017.10.5)

  46. 三輪建太「国際学会発表に向けて」、第2回研究発表トレーニングキャンプ(2017.9.2)

  47. 三輪建太「PET画像に対するテクスチャー解析の基礎」、第2回大那核医学研究発表会(2017.8.6)

  48. 三輪建太「PET撮像技術における核医学専門技師の役割」第52回札幌核医学技術研究会(2017.6.3)

  49. 三輪建太「骨SPECT定量化について」,第902回放射線診療研究会(2017.3.13)

  50. 三輪建太「表示付認証機器の最新事情について」,第36回日本核医学技術学会総会学術大会(2016.11.5)

  51. 三輪建太「PET検査の最前線 -研究から臨床まで-」,第91回千葉核医学技術研究会(2016.10.7)

  52. 三輪建太「SPECT標準化」,第22回日本核医学技術学会東北地方会(2016.10.1)

  53. 三輪建太「核医学検査における半定量指標の精度と臨床利用」,第112回日本医学物理学会学術大会(2016.9.9)

  54. 三輪建太「Q.Clearについて」,第1回大那核医学研究発表会(2016.9.3)

  55. 三輪建太「PET研究と臨床における最近の動向」,第481回東京核医学技術研究会定例会(2016.7.27)

  56. 三輪建太「核医学検査における追加撮影の判断基準」,第72回日本放射線技術学会総会学術大会(2016.4.16)

  57. 三輪建太「骨SPECT/CTにおける定量化の現状」第16回筑後・佐賀核医学研究会(2016.2.26)

  58. Kenta Miwa「Research in nuclear medicine and molecular imaging: my experiences at Kyushu university, Cancer institute hospital, National institute of radiological science」, Lectures in Chulalongkorn university and Mahidol university (Thailand). (2015.12.16)

  59. 三輪建太「PET/CT、SPECT/CTの半定量指標の精度」,第56回福岡RIカンファレンス(2015.10.24)

  60. 三輪建太「FDG-PETとMRIのSUVとADCの定量性に関する多施設共同研究」,第43回日本放射線技術学会秋季学術大会(2015.10.8)

  61. 三輪建太「PETのSUVの装置依存について」,第4回JBMP放射線治療品質管理・医学物理講習会(2015.9.18)

  62. 三輪建太「PET-CT検査によるがん検診」,第13回九州大学医学部保健学科公開講座(2015.8.29)

  63. 三輪建太「PET/CTの基礎と技術」,日本放射線技術学会中四国支部第16回夏季学術大会(2015.7.4-5)

  64. 三輪建太「腫瘍核医学におけるPET/CT・SPECT/CTの定量値に関する研究」,第8回九州モニタ研究会(2015.5.17)

  65. 三輪建太「若手教員による大学紹介:九州大学の紹介」,第8回九州モニタ研究会(2015.5.16)

  66. 三輪建太「骨SPECT/CTにおける共役勾配法を用いた新しいxSPECT画像再構成」,第15回日本核医学会春季大会ランチョンセミナー4(2015.4.26)

  67. 三輪建太「PET画像における腫瘍内FDG集積の不均一性の評価法について」,PETクリニカルファーラム(2014.12.20)

  68. 三輪建太「腫瘍PET/CTにおける最新の技術的トピックス」,第885回放射線診療研究会(2014.11.17)

  69. 三輪建太「PET&SPECT最先端 4D-PET/CT(呼吸同期)の臨床応用」,第54回日本核医学会学術総会・第34回日本核医学技術学会総会学術大会合同シンポジウム(2014.11.8)

  70. 三輪建太「腫瘍PET/CTにおける最新の技術的トピックス」, 第59回関東核医学画像処理研究会(2014.9.13)

  71. 三輪建太「PSF補正の効果とアーチファクトについて」,GE互助会,PETサマーセミナー小樽(2014.8.29)

  72. 三輪建太「発見、追跡、そして消滅へ!−胸部腫瘤性病変の原発から転移まで−(核医学)」,第12回マルチモダリティシンポジウムVersus(2014.5.17)

  73. 三輪建太「FDG uptake heterogeneity evaluated by fractal analysis improves the differential diagnosis of pulmonary nodules」,第225回がん研有明病院学術講演会(25年度Best English Paper受賞記念講演会)(2014.3.18)

  74. 三輪建太「肺結節病変の18F集積分布の不均一性による良悪性鑑別」,第3回フラクタル解析を応用した臨床補助診断法の確立に関する研究会(2013.11.10)

  75. 三輪建太「呼吸同期PET/CTの技術的検討と4次元放射線治療計画に向けて」,PETサマーセミナー加賀百万石(2013.8.24)

  76. 三輪建太「遠隔転移とその理解:PET」, 第40回日本放射線技術学会秋季学術大会 第65回核医学分科会核医学技術討論会(2012.10.6)

  77. 三輪建太「アクション2012 診療放射線技師におけるキャリアアップのすすめ 大学院進学経験者として」, 第29回日本核医学技術学会関東地方会 (2012.5.12)

【学会発表(国外)】
  1. Makito Suga, Ryuichi nishii, Kana Yamazaki, Yuto Kamitaka, Kenta Miwa, Katsuyuki Tanimoto, Tatsuya Higashi: Assessment of 18F-FDG PET/CT texture analysis to discriminate NSCLC from radiation pneumonitis after CIRT,EANM2019, Barcelona, Spain, 2019.

  2. Kenta Miwa, Taisuke Murata, Noriaki Miyaji, Takashi Kamiya, Yoshiki Owaki, Tomoya Okamoto, Ryu Emura, Masafumi Takahashi, Rinya Kobayashi, Takashi Iimori: Multicenter study of rapid bone-SPECT/CT image acquisition, EANM2019, Barcelona, Spain, 2019.

  3. Tokiya Yoshii, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masashi Yamaguchi, Makito Suga, Yuto Kamitaka, Tensho Yamao, Seiya Hiratsuma: Optimization of image reconstruction for rapid image acquisition by 18F-NaF bone PET: Comparison of OSEM and Bayesian penalized likelihood algorithms, EANM2019, Barcelona, Spain, 2019.

  4. Kei Wagatsuma, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Kenta Miwa, Narumi Kojima, Yosuke Osuka, Hunkyung Kim, Kenji Ishii: Acqiisition period of amyloid PET imaging [18F]Florbetapir can be compressed without altering standardized uptake value ratios, EANM2019, Barcelona, Spain, 2019.

  5. Masatoshi Hotta, Ryogo Minamimoto, Kenta Miwa: Methionine PET imaging for differentiation between recurrent brain tumor and radiation necrosis: radiomics approarch with random forest classifier, EANM2019, Barcelona, Spain, 2019.

  6. Kei Wagatsuma, Kenji Ishibashi, Muneyuki Sakata, Kenta Miwa, Kenji Ishii, Quantitativevalidation of standardized uptake value ratio derived from [18F]Flobetapir images acquired over a short duration, BRAIN&BRAIN PET 2019, Yokohama, JAPAN, 2019.

  7. Seiya Hiratsuka, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma. Evaluation of smart metal artifact reduction on CT images in 18F-NaF PET/CT: effects on the accuracy of SUV for tissue around an artificial knee joint, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  8. Yuto Kamitaka, Kenta Miwa, Ryuichi Nishii, Aika Ageishi, Makito Suga, Katsuyuki Tanimoto, Kana Yamazaki, Tatsuya Higashi, Tadashi Kamada. Textural analysis of 18F-FDG PET/CT to predict tumor response of carbon-ion radiotherapy in patients with locally advanced pancreas cancer, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  9. Kenta Miwa, Masatoshi Hotta, Kei Wagatsuma, Yuiko Kudo, Yuto Kamitaka, Seiya Hiratsuka, Tensho Yamao, Ryogo Minamimoto. Texture analysis of 11C-methionine PET images can distinguish recurrent brain tumors from radiation necrosis, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  10. Noriaki Miyaji, Takashi Iimori, Kenta Miwa, Hiroyuki Tsushima, Noriyo Yokotsuka, Kei Wagatsuma. Determination of a reliable assessment of radiation doses to the eye lens in nuclear medicine, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  11. Ryuichi Nishii, Makito Suga, Kenta Miwa, Kana Yamazaki, Yuto Kamitaka, Takamasa Maeda, Naoyoshi Yamamoto, Katsuyuki Tanimoto, Tatsuya Higashi, Tadashi Kamada. Differentiation between non-small cell lung cancer and radiation pneumonitis after carbon-ion radiotherapy by FDG-PET/CT metabolic parameters, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  12. Kei Wagatsuma, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Akira Hirayama, Hirofumi Kawakami,Kenta Miwa, Kenji Ishii. Direct comparison between SiPM- and PMT-PET/CT in [18F]FDG brain imaging, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  13. Tensho Yamao, Kenta Miwa, Hiroshi Matsuda, Go Akamatsu, Kei Wagatsuma, Harumasa Takano. Feasibility of 18F-THK5351 PET quantitation using the Centiloid scale, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.

  14. Tensho Yamao, Kenta Miwa, Go Akamatsu, Kei Wagatsuma, Hiroshi Matsuda. Standard expression of 18F-THK5351 PET imaging with Centiloid scale. The 13th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, Shanghai, China, 2019.

  15. Seiya Hiratsuka, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Tensho Yamao, Yuto Kamitaka, Makito Suga. The effect of metal artefact reduction on CT-based attenuation correction to improve 18F-NaF PET/CT. The 13th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, Shanghai, China, 2019.

  16. Tensho Yamao, Kenta Miwa, Go Akamatsu, Kei Wagatsuma, Hiroshi Matsuda. Standard expression of 18F-THK5351 PET imaging with Centiloid scale. The 13th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, Shanghai, China, 2019.

  17. Seiya Hiratsuka, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Tensho Yamao, Yuto Kamitaka, Makito Suga. The effect of metal artefact reduction on CT-based attenuation correction to improve 18F-NaF PET/CT. The 13th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology, Shanghai, China, 2019.

  18. Kyohei Okuda, Daisuke Hasegawa, Takashi Kamiya, Hajime Ichikawa, Takuro Umeda, Takushi Okubo, Kenta Miwa, Reproducibility of SPECT imaging with a conjugated gradient minimization reconstruction algorithm: a multicenter study of 99mTc quantification, EANM2018, Düsseldorf, Germany, 2018
  19. Yuto Kamitaka, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Seiya Hiratsuka, Tensho Yamao, Reo Nemoto, Makito Suga: Optimization of βvalues of new penalized likelihood reconstruction algorithm Q.Clear in brain PET, EANM2018, DüsseldorfGermany, 2018.
  20. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Reo Nemoto, Kei Wagatsuma, Mitsuru Koizumi: Phantom and clinical evaluation of bone SPECT/CT image reconstruction using novel conjugate gradient method, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.
  21. Kei Wagatsuma, Masayuki Kunugi, Kenta Miwa, Keiichi Oda, Jun Toyohara, Kenji Ishii: Volume estimation of radio-activated material in inner concrete walls of a cyclotron room at a PET research facility, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.

  22. Noriaki Miyaji, Kazuki Motegi, Shohei Fukai, Kenta Miwa, Takuro Umeda, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizmi: Determination of optimal position around two devices for automated 18F-FDG infusion, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.

  23. Reo Nemoto, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Tensho Yamao, Yuto Kamitaka: Comparison between SiPM-based and PMT-based TOF-PET/CT to detect sub-centimeter spheres, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.

  24. Kenta Miwa, Noriaki Miyaji, Kazunori Kawakami, Kei Wagatsuma, Yuto Kamitaka, Tensho Yamao: Development of automated statistical Z-score calculation software using bone SPECT/CT images, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.

  25. Tensho Yamao, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Keisuke Matsubara, Reo Nemoto, Yuto Kamitaka: Comparison of 22 partial volume correction methods for amyloid PET imaging with 11C-PiB, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.

  26. Kei Wagatsuma, Kenta Miwa, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Keiichi Oda, Tetsuro Tago, Jun Toyohara, Kenji Ishii: Optimization of reconstruction conditions for tau PET imaging using [18F] THK5351. 12Th World congress of the world federation of nuclear medicine and biology, Melbourne, Australia, 2018.

  27. A. Kikuchi, G. Okuyama, S. Kumazawa, M. Kitama, K. Miwa, K. Kawakami: Examination of quantitative bone SPECT images by digital phantom using the anatomical normalization template. EANM2017, Vienna, Austria, 2017.

  28. Yoshiaki Taguchi, Kenta Miwa, Ryogo Minamimoto, Masatoshi Hotta: Three-dimensional fusion of 13N-ammonia myocardial perfusion PET and coronary CT angiography images using deformable image registration. SNMMI, Denver, USA, 2017.

  29. Kenta Miwa, Noriaki Miyaji, Kazunori Kawakami: Comparison of a novel index using anatomical standardization based on statistical Z-scores and standardized uptake values for quantitative bone SPECT/CT. SNMMI, Denver, USA, 2017.

  30. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi, Koichiro Abe: Evaluation of quantitative accuracy of scatter correction for bone SPECT/CT using phantoms containing a bone-equivalent solution. SNMMI, Denver, USA, 2017.

  31. Shotaro Yamaguchi, Kei Wagatsuma, Kenta Miwa, Kenji Ishii, Kazumasa Inoue, Masahiro Fukushi: Suppression of edge artifacts using a Bayesian penalized-likelihood reconstruction algorithm for oncological PET/CT imaging. SNMMI, Denver, USA, 2017.

  32. Keishin Morita, Akira Maebatake, Rina Iwasaki, Yuki Shiotsuki, Kenta Miwa, Kazuhiko Himuro, Shingo Baba, and Masayuki Sasaki: Standardization of brain dopamine transporter SPECT with a fan-beam collimator. SNMMI, SanDiego, USA, 2016.

  33. Keishin Morita, Toshiki Takeshita, Kenta Miwa, Akira Maebatake, Yuji Tsutsui, Kazuhiko Himuro, Shingo Baba, and Masayuki Sasaki: Different image reconstruction methods resulted in different level of heterogeneity in texture analysis of PET images. SNMMI, SanDiego, USA, 2016.

  34. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Motoki Inaji, Kenta Miwa, Shihori Hayashi, Muneyuki Sakata, Masayuki Sasaki, Kiichi Ishiwata, Kenji Ishii: Scatter limitation correction can avoid scatter correction error caused by a high radioactivity in the facemask in an oxygen-15 labeled gas-inhalation PET study. SNMMI, SanDiego, USA, 2016.

  35. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Takuro Umeda, Kei Wagatsuma, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi: Validation of calibration schemes with sealed sources for quantitative bone SPECT/CT. SNMMI, SanDiego, USA, 2016.

  36. Kenta Miwa, Kazunori Kawakami, Noriaki Miyaji, Masayuki Sasaki: Development of a normalization template for quantitative analysis of bone SPECT/CT images. SNMMI, SanDiego, USA, 2016.

  37. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masamichi Koyama, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi: Validation of administration accuracy of 18F-FDG among three automated infusion devices. JSNM/JSNMT joint Japan-China nuclear medicine exchange seminar, Tokyo, 2015.

  38. Kenta Miwa, Takuro Umeda, Taisuke Murata, Kei Wagatsuma, Noriaki Miyaji, Tomohiro Takiguchi, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: Impact of scatter limitation correction on photopenic artifacts caused by patient motion during whole-body PET/CT. SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  39. Kenta Miwa, Masayuki Inubushi, Yasuto Takeuchi, Tetsuro Katafuchi, Mitsuru Koizumi, Tsuneo Saga, Masayuki Sasaki: Performance characteristics of a novel clustered multi-pinhole technology for simultaneous high-resolution SPECT/PET. SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  40. Noriaki Miyaji, Kenta Miwa, Taisuke Murata, Kei Wagatsuma, Takashi Terauchi, Mitsuru Koizumi: Quantitative accuracy of F-18 FDG injection compared among three automated infusion devices. SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  41. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Kenta Miwa, Motoki Inaji, Shihori Hayashi, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Jun Toyohara, Kenji Ishii, Kiichi Ishiwata: Effects of a novel additional neck-shield and time of flight on quality of cerebral imaging in 15O-labeled gas inhalation study. SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  42. Keishin Morita, Toshiki Takeshita, Kenta Miwa, Akira Maebatake, Yuji Tsutsui, Kazuhiko Himuro, Shingo Baba, Masayuki Sasaki: The effects of reconstruction parameters on the heterogeneity of the F-18 distribution analyzed according to three analytic methods, SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  43. Akira Maebatake, Ayaka Inamura, Yui Kodera, Kazuhiko Himuro, Yasuo Yamashita, Shingo Baba, Kenta Miwa, Masayuki Sasaki: Evaluation of brain dopamine transporter SPECT images using iterative reconstruction and attenuation correction, SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  44. Akira Maebatake, Keishin Morita, Go Akamatsu, Yuji Tsutsui, Kenta Miwa, Kazuhiko Himuro, Shingo Baba, Masayuki Sasaki: Validation of the PET count in relation to the alignment of the 18F point source on PET images, SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  45. Kei Wagatsuma, Keiichi Oda, Kenta Miwa, Noriaki Miyaji, Taisuke Murata, Naoki Yokokawa, Tatsufumi Osawa, Muneyuki Sakata, Kimiteru Ito, Kenji Ishii, Kiichi Ishiwata: Effects of a tungsten rubber shield and time of flight on quality of cerebral images acquired using 3D PET and 15O gas inhalation. 4th Asia Society of Nuclear Medicine Technology, Osaka, Japan, 2014.

  46. Masamichi Koyama, Mitsuru Koizumi, Kenta Miwa, Kiyoshi Matsueda: Response evaluation of lymphoma with FDG-PET/CT: How and When? 100th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2014.

  47. Masayuki Inubushi, Kenta Miwa, Ichio Aoki, Atsushi B. Tsuji, Yasuto Takeuchi, Tsuneo Saga, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: Rat cardiac function estimated with new wireless gating method for cone-beam CT. WMIC2014, Seoul, Korea, 2014.

  48. Miyaji Noriaki, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Taisuke Murata, Takuro Umeda, Tomohiro Takiguchi, Mitsuru Koizumi. Optimal quality control of dose calibrator using a traceable 68Ge/68Ga calibration source in the operating environment. SNMMI, St.Louis, USA, 2014.

  49. Tokuo Umeda, Akiko Okawa, Tsutomu Gomi, Kenta Miwa, Shuji Yamamoto: Security model for medical image data hidden using a new digital watermark and steganography technique. 99th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2013.

  50. Kenta Miwa, Hidenobu Tachibana, Masayuki Inubushi, Tsuneo Saga, Kei Wagatsuma, Taisuke Murata, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: Comparison of intratumoral 18FDG and 18FAZA distribution in non-small cell lung cancer using deformable image registration. 99th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2013.

  51. Kenta Miwa, Masayuki Inubushi, Kei Wagatsuma, Tokuo Umeda, Akiko Okawa, Takuro Umeda, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: FDG uptake heterogeneity evaluated by fractal analysis improves the differential diagnosis of pulmonary nodules. 99th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2013.

  52. Tokuo Umeda, Yashima, Akiko Okawa, Tsutomu Gomi, Kenta Miwa, Shuji Yamamoto: Development of an information hiding system for CT images using digital watermarking technologies: insurance of copyright, privacy, and safety of patient information. CARS, Heidelberg, Germany, 2013.

  53. Kei Wagatsuma, Kenta Miwa, Takuro Umeda, Atsushi Osawa, Taisuke Murata, Tomohiro Takiguchi, Masamichi Koyama, Mitsuru Koizumi, Tomio Inoue: Gated 4D-PET/CT improves quantitative accuracy of PET imaging. SNMMI, Vancouver, Canada, 2013.

  54. Atsushi Osawa, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Kenta Akimoto, Tomohiro Takiguchi, Masamichi Koyama: Measurement of scatter fraction as a function of object size in 3D PET/CT. Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine, Milan, Italy, 2012.

  55. Tatsuaki Kobayashi, Toku Umeda, Akiko Okawa, Tsutomu Gomi, Kenta Miwa, Shuji Yamamoto: Sharing model of computed tomography inspection support ontology using JJ1017 code among medical technologists. International Forum on Medical Imaging in Asia, Daejeon, Korea, 2012.

  56. Kazuaki Suzuki, Tokuo Umeda, Akiko Okawa, Tsutomu Gomi, Kenta Miwa: Development of support system for home peritoneal dialysis patients: Additional subjective global assessment (SGA) function. ISPD2012. Malaysia, 2012

  57. Tokuo Umeda, Akiko Okawa, Tsutomu Gomi, Kenta Miwa, Shuji Yamamoto, Hidenobu Tachibana.: Development of Self-Management Support System for Cancer Outpatients. 98th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2012.

  58. Masamichi Koyama, Hideaki Shimada, Shinichi Okazumi, Koji Murakami, Kiyoshi Matsueda, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, et al.: F-18 FDG PET/CT Imaging of the Gastrointestinal Stromal Tumors. 98th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2012.

  59. Masamichi Koyama, Kei Wagatsuma, Kenta Miwa, Mitsuru Koizumi: The role of FDG-PET/CT in the management of nodules in the pelvis after gynecologic surgery, 59th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, Miami. USA, 2012.

  60. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masayuki Sasaki, Michinobu Nagao, Masamichi Koyama, Masayuki Inubushi, Mitsuru Koizumi. : Clinical differentiation between malignant and benign pulmonary nodules based on heterogeneity of 18F-FDG uptake distribution, 59th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, Miami. USA, 2012.

  61. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masayuki Sasaki, Tomohiro Takiguchi, Atsushi Osawa, Noriaki Miyaji, Kenta Akimoto, Takuro Umeda.: Technical approaches for quantitative response to therapy using 18F-FDG PET: the partial volume correction and optimal index, 59th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, Miami. USA, 2012.

  62. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Kenta Akimoto, Fumiyasu Matsubayashi, Masamichi Koyama, Toshioh Fujibuchi, Masayuki Inubushi, Masayuki Sasaki.: Radiation Shielding for Beta and Bremsstrahlung Radiation from 89Sr and 90Y, 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics, Fukuoka, Japan, 2011.

  63. Masamichi Koyama, Hideaki Shimada, Shinichi Okazumi, Koji Murakami, Tomohiro Takiguchi, Atsushi Osawa, Shintaro Tamura, Kenta Miwa, Kenta Akimoto, Kei Wagatsuma.: F-18 FDG PET/CT Imaging of the Gastric Cancer, 97th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2011.

  64. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masayuki Inubushi, Masayuki Sasaki, Tokuo Umeda, Hironori Kojima, Akiko Okawa, Masamichi Koyama, Kazumasa Hayasaka.: Quantitative Response to Therapy in Non-Hodgkins Lymphoma Using Partial Volume Correction by FDG PET, 97th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2011.

  65. Atsushi Osawa, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Tomohiro Takiguchi, Shintaro Tamura, Kenta Akimoto, Masamichi Koyama, Kazumasa Hayasaka: Relationship between image quality and cross-sectional area of phantom in three-dimensional PET scan. Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine, Birmingham, UK, 2011.

  66. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Atsushi Osawa, Tomohiro Takiguchi, Masamichi Koyama, Tokuo Umeda, Hironori Kojima, Kazumasa Hayasaka: Value of rigid respiratory control in PET/CT imaging for lung cancer patients: a meta analysis. 58th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio. USA, 2011.

  67. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Atsushi Osawa, Tomohiro Takiguchi, Masamichi Koyama, Tokuo Umeda, Hironori Kojima, Kazumasa Hayasaka: Investigation of factors affecting the Recovery Coefficients in FDG PET/CT: effects of target size, background activity and respiratory motion. 58th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio. USA, 2011.

  68. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Atsushi Osawa, Tomohiro Takiguchi, Masamichi Koyama, Tokuo Umeda, Hironori Kojima, Kazumasa Hayasaka: Validation of the optimal index for monitoring early tumor changes between two scans in FDG PET/CT. 58th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio. USA, 2011.

  69. Masamichi Koyama, Kazumasa Hayasaka, Kenta Miwa: The role of FDG-PET/CT in the management of methotrexate-associated lymphoproliferative disorders. 58th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio. USA, 2011.

  70. Tokuo Umeda, Akiko Okawa, Tsutomu Gomi, Kenta Miwa, Shuji Yamamoto, Kazuya Sakaguchi: Development of Self-management Support System for Cancer Outpatients, 96th Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2010.

  71. Kenta Miwa, Kazumasa Hayasaka, Tokuo Umeda, Hironori Kojima: Partial volume corrected SUV for monitoring the response of non-Hodgkin lymphoma on 18FDG-PET/CT, 57th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, Salt Lake. USA, 2010.

  72. Kenta Miwa, Nao Fukuchi, Tokuo Umeda, Shuji Yamamoto, Hidenobu Tachibana, Akiko Okawa, Masahiko Ohmatsu: A novel security model for date hiding in medical image using high-capacity digital watermark and steganography technique, 93nd Scientific Assembly and Annual Meeting,Radiological Society of North America, Chicago. USA, 2007.

  73. Tomoyuki Hasegawa, Yasuhiro Fukushima, Hironori Kojima, Kenta Miwa, Hideo Murayama, Tomonori Isobe, Naoki Umezawa, Hiroshi Muraishi, Koichi Murayama:Interactive Three-dimensional Educational Animations for Medical Physics and Radiological Technology , World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, 2006.

  74. Hasegawa T, Fukushima Y, Isobe T, Umezawa N, Maruyama K, Umeda T, Muraishi H, Murayama H, Yaguchi Y, Kojima H, Miwa K: 3D Animations for Medical Physics Education and Learning, The 4th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics and The 5th Asia-Oceania Congress of Medical Physics, Kyoto, Japan, 2005.

  75. Tomonori Isobe, Akira Matsumura, Izumi Anno, Yasushi Shibata, Hiraku Kawamura, Hiroshi Muraishi, Tomoyuki Hasegawa, Tokuo Umeda, Kenta Miwa, Keiko Amano, Toshiou Fujibuchi, Masanori Ozaki: Lactate Quantification Using Proton MR Spectroscopy, The 4th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics and The 5th Asia-Oceania Congress of Medical Phy_sics, Kyoto, Japan, 2005.

【学会発表(国内)】

  1. 廿樂楓、我妻慧、横塚記代、三輪建太、上髙祐人、谷本克之、石井賢二:11C-メチオニン脳PETにおけるBayesian penalized likelihood法を用いた微小および低コントラスト病変への最適化、第77回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会2021, 横浜.

  2. 宮司典明、山下康輔、茂木一樹、三輪建太、滝口智洋、寺内隆司:異なる呼吸波形パターンにおけるデバイスレス呼吸同期法の改善効果、第77回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2021, 横浜.

  3. 我妻慧、三輪建太、石橋賢士、坂田宗之、石井賢二:[18F]florbetapirアミロイドPETイメージングの定量解析ソフトウェアの定量値の比較検証、第40回日本核医学技術学会総会学術大会, 2020, 神戸.

  4. 三輪建太、菅満喜人、上髙祐人、西井龍一、細貝良行:Texture画像解析を用いたPET-Radiomicsによる「がん」と「炎症」鑑別診断法の開発研究、第10回国際医療福祉大学学会, 2020, 大田原.

  5. 我妻慧、坂田宗之、石橋賢士、平山昭、川上泰史、三輪建太、石井賢二:[18F]flutemetamolのアミロイドPETにおけるBayesian penalized likelihood法の有用性、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2020, 横浜.

  6. 山尾天翔、三輪建太、我妻慧、松田博史:アルツハイマー病に対するPET, MRI画像を用いた病理学的分類法の評価、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会2020, 横浜.

  7. 廿樂楓、我妻慧、横塚記代、三輪建太、石井賢二:Bayesian penalized likelihood法における[18F]fluciclovineアミノ酸脳腫瘍PETの至適β値の検討、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会2020, 横浜.

  8. 菅満喜人、西井龍一、山崎香奈、上髙祐人、三輪建太、河野良介、谷本克之、東達也、辻比呂志 PET-Texture解析を用いた非小細胞肺癌と放射線肺臓炎における診断精度、第32回日本放射線腫瘍学会学術大会, 2019, 名古屋.

  9. 安保哉太、三輪建太、山尾天翔、我妻慧、吉井斗輝也、久保田珠央:てんかん焦点検索の18F-FDG PETに対するBPL画像再構成法が統計学的画像解析に与える影響、日本放射線技術学会第66回関東支部研究発表大会, 2019, 千葉.

  10. 吉井斗輝也、三輪建太、我妻慧、山口将司、安保哉太、久保田珠央:18F-NaF骨PET検査におけるBayesian penalized likelihood再構成法の最適化、日本放射線技術学会第66回関東支部研究発表大会, 2019, 千葉.

  11. 花城舞、三輪建太、小林凜也、大出安美、宮司典明:異なるuptake timeが骨シンチ全身像とSPECT像の定量値に与える影響、日本放射線技術学会第66回関東支部研究発表大会, 2019, 千葉.

  12. 久保田珠央、三輪建太、山尾天翔、成瀬正理、上髙祐人、菅満喜人、安保哉太:テクスチャー解析用ソフトウェアの違いによる特徴量の比較、日本放射線技術学会第66回関東支部研究発表大会, 2019, 千葉.

  13. 大出安美、三輪建太、宮司典明、花城舞、小林凜也:骨SPECT体幹部用解剖学的統計解析ソフトウェアにおける胸部領域ノーマライズ処理の最適パラメータの検討、日本放射線技術学会第66回関東支部研究発表大会, 2019, 千葉.

  14. 小林凜也、三輪建太、花城舞、大出安美、宮司典明:最適化した定量的骨SPECT/CTにおける前立腺癌と乳癌の骨SUVの測定、日本放射線技術学会第66回関東支部研究発表大会, 2019, 千葉.

  15. 菅満喜人、西井龍一、山崎香奈、上髙祐人、河野良介、三輪建太、谷本克之、東達也、辻比呂志:18F-FDG PET/CT画像のTexture解析による肺がんと炎症の鑑別、第595回千葉県下国立病院医師会定例連合研究会, 2019, 千葉.

  16. 三輪建太、村田泰輔、宮司典明、神谷貴史、大脇由樹、岡元智也、江村隆、高橋将史、小林凜也、飯森隆志:多施設で評価したRapid骨SPECT/CT撮像の可能性、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  17. 山尾天翔、三輪建太、我妻慧、安保哉太、松田博史:[11C]PiBアミロイドPETと[18F]THK5351タウPET に対するCentiloid scaleによる定量的比較、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  18. 小林凜也、三輪建太、花城舞、大出安美、宮司典明、河上一公:骨シンチグラフィにおけるUptake Timeの違いが正常骨領域の定量値に与える影響、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  19. 吉井斗輝也、三輪建太、宮司典明、我妻慧、山尾天翔:Bayesian Penalized Likelihood画像再構成法における定量精度の機種依存性、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  20.  我妻慧、石橋賢士、三輪建太、坂田宗之、石井賢二:異なるPET装置におけるアミロイドPETの短時間収集の可能性、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  21. 宮司典明、飯森隆志、對間博之、横塚記代、我妻慧、三輪建太、村田泰輔、笠原哲治:核医学領域における水晶体被ばくの実態に関する基礎検討、第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019, 大阪.

  22. 上髙祐人、西井龍一、三輪建太、上石愛佳、菅満喜人、谷本克之、東達也、辻比呂志:局所進行膵臓癌の治療前後PET画像に対するテクスチャー解析による予後予測と重粒子線治療効果の検討、第47回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2019, 大阪.

  23. 上髙祐人、西井龍一、三輪建太、上石愛佳、菅満喜人、山田滋、磯崎由佳、瀧山博年、山崎香奈、谷本克之、東達也、辻比呂志:PET画像を用いたテクスチャー解析の検討、第58回千葉核医学研究会, 2019, 千葉.

  24. 菅満喜人、三輪建太、西井龍一、井上絢斗、上髙祐人、谷本克之:腫瘍内糖代謝指標を用いた非小細胞肺癌と重粒子線治療後放射線肺臓炎の診断能検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  25. 上髙祐人、三輪建太、西井龍一、上石愛佳、菅満喜人、谷本克之:切除不能局所進行膵臓がんの治療前PET画像に対するテクスチャー解析による重粒子線治療効果の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  26. 山尾天翔、三輪建太、赤松剛、我妻慧、松田博史:18F-THK-5351タウPETにおけるCentiloid scaleを用いた定量方法の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  27. 平塚勢哉、成瀬正理、三輪建太、上石愛佳、工藤唯子、上髙祐人、菅満喜人:PET-Radiomics解析を用いた食道がんPET画像に対する術前療法の治療効果判定の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会 , 2019, 横浜.

  28. 横川光、三輪建太、河上一公、山下康輔、宮司典明:濃度ヒストグラムを用いた骨SPECT画像のカウント正規化の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  29. 三輪建太、工藤唯子、髙橋裕人、横川光:11C-methionine PET画像に対するテクスチャー解析を用いた脳腫瘍の再発と放射線壊死の鑑別、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  30. 髙橋裕人、三輪建太、上髙祐人、Tusongjiang Muladili、工藤唯子、我妻慧:脳PET画像を対象としたBayesian Penalized Likelihood画像再構成法の最適β値の決定方法の検討,日本放射線技術学会関東・東京支部合同研究発表大会,2018, 大宮.

  31. 山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央、松田博史:11C-PiB画像に対する部分容積効果補正法の組合せによる定量性の評価、第58回日本核医学会学術総会,2018, 沖縄.

  32. 我妻慧、功刀正行、織田圭一、三輪建太、豊原潤、石井賢二:Estimation of the radio-activated material in the cyclotron and associated equipment、第58回日本核医学会学術総会,2018, 沖縄.

  33. 宮司典明、我妻慧、茂木一樹、梅田拓朗、深井翔平、島田直毅、滝口智洋、三輪建太、小野口昌久、寺内隆司、小泉満:4種類の異なるPET/CT装置におけるBayesian Penalized Likelihood(BPL)法と3D-OSEM法の比較:第38回日本核医学技術学会総会学術大会,2018, 沖縄.

  34. 田口好晃、南本亮吾、三輪建太、堀田昌利、児玉清幸、延澤忠真、今尾仁、松尾健一、谷島義信:13N-NH3 PET画像と冠動脈CTのFusion精度から検証した心臓領域におけるDIRの有用性、第38回日本核医学技術学会総会学術大会,2018, 沖縄.

  35. 成瀬正理、三輪建太、我妻慧、上石愛佳、工藤唯子、上髙祐人、菅満喜人:テクスチャー解析ソフトウェアの違いがPET画像の特徴量に与える影響、第38回日本核医学技術学会総会学術大会,2018, 沖縄.

  36. 比嘉友里菜、三輪建太、林佑理、横川光、宮司典明、河上一公:骨シンチグラフィにおける解剖学的統計解析によるZ-scoreと各定量指標との比較、第38回日本核医学技術学会総会学術大会,2018, 沖縄.

  37. 山口将司、三輪建太、我妻慧、島田海、根本玲央、髙橋裕人:18F-NaF骨PETにおける短時間撮像のための至適画像再構成条件の検討、第38回日本核医学技術学会総会学術大会,2018, 沖縄.

  38. 市川肇、加藤豊大、澁谷孝行、奥田光一、三輪建太、長木昭男、對間博之:核医学検査における追加撮像の実態調査、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.

  39. 平塚勢哉、三輪建太、小野貴史、我妻慧:18F-NaF PET/CTにおける金属アーチファクト低減処理による人工膝関節周囲組織のSUVの評価、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.

  40. Tusongjiang Muladili、三輪建太、山尾天翔、山口将司、髙橋裕人、我妻慧、赤松剛:異なるアミロイドPET製剤による脳内放射能濃度分布の定量的比較、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.

  41. 髙橋裕人、三輪建太、増渕正輝、我妻慧、上髙祐人、成瀬正理、比嘉友里菜:視覚評価によるサブセンチ微小球検出のためのBayesian penalized likelihood法のPET至適条件の検討、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.

  42. ​Kosuke Yamashita, Kazunori Kawakami, Kenta Miwa: Comparison of SUV and Z-score using bone SPECT image, 第32回日本核医学技術学会九州地方学術大会,2018, 鹿児島.

  43. 我妻慧、三輪建太、織田圭一、石井賢二:SiPM-PET装置における18F標識アミロイドPET製剤の計測時間の検討:ファントム試験、第72回日本放射線技術学会東京支部春期学術大会, 2018, 東京.

  44. 我妻慧、三輪建太、坂田宗之、石橋賢士、織田圭一、石井賢二:[18F]THK5351タウPETにおける最適撮像条件に関する検討、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  45. 宮司典明、茂木一樹、深井翔平、梅田拓朗、島田直毅、三輪建太、寺内隆司:新たなディスポーザブルキットを用いたPET用自動投与装置の投与精度、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  46. 三輪建太、林佑理、柳田悠太朗、宮司典明、山下康輔、片平敬人、河上一公:骨SPECT/CT画像を用いたZ-scoreの自動算出のためのソフトウェアの開発、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  47. 宮司典明、三輪建太、常盤礼香、根本玲央、市川肇:骨SPECT/CTにおける共役勾配法を用いた新しい画像再構成法の特性評価、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  48. 山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央:アミロイドPETにおけるMRI segmentationを用いた22種類の部分容積効果補正法の比較、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  49. 根本玲央、三輪建太、増渕正輝、小野遥香、我妻慧:SiPM-based TOF-PET/CTとPMT-based TOF PET/CTのサブセンチ微小球の定量性・描出能の比較、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  50. 三輪建太、増渕正輝、我妻慧、根本玲央:SiPM-based TOF-PET/CT装置におけるサブセンチ微小球の検出能に寄与する因子と検出限界、第64回日本放射線技術学会関東支部研究発表大会(山梨), 2017.

  51. 飯森隆志、庄司友和、三輪建太、石黒雅伸、関本道治、須田匡也、松原孝祐、對間博之:SPECT/CT, PET/CTのCT撮影に関する医療被ばく実態調査、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会(広島),2017.

  52. 根本玲央、益子大世、寺田慎一郎、福原幸規、宮司典明、三輪建太:骨SPECTの定量評価を目的とした最適な散乱線補正法の検討、第45回日本射線技術学会秋季学術大会(広島),2017.

  53. 増渕正輝、我妻慧、小野遥香、根本玲央、木村周平、三輪建太:新しいSiPM-based TOF-PET/CT装置によるサブセンチ微小球の検出能の評価、第44回日本放射線技術学会秋季学術大会(広島),2017.

  54. 奥田恭平、長谷川大輔、神谷貴史、市川肇、梅田拓朗、大久保卓史、三輪建太:共益勾配法を応用した新しい画像再構成法に関する多施設共同研究:放射能測定器の測定精度の検証、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  55. 奥田恭平、長谷川大輔、神谷貴史、市川肇、梅田拓朗、大久保卓史、三輪建太:共益勾配法を応用した新しい画像再構成法に関する多施設共同研究:定量値の再現性の検証、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  56. 長谷川大輔、奥田恭平、神谷貴史、市川肇、梅田拓朗、大久保卓史、三輪建太:共益勾配法を応用した新しい画像再構成法に関する多施設共同研究:最適更新回数の決定、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  57. 平塚勢哉、木村周平、我妻慧、増渕正輝、上髙祐人、三輪建太:11C-PiBアミロイドPETに対するCentiloid scaleの機種依存性の検討、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  58. 上髙祐人、我妻慧、小池笑也、平塚勢哉、南本亮吾、石井賢二、三輪建太:脳PETに対するpenalized likelihood reconstruction法の至適β値の検討、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  59. 我妻慧、坂田宗之、三輪建太、石橋賢士、石井賢二:SiPM-PET/CT装置における脳FDG検査の最適画像再構成条件の決定、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  60. 林佑理、三輪建太、田中雅之、宮司典明、茂木一樹、山下康輔、河上一公:胸部領域の骨SPECT/CT画像における解剖学的標準化機能によるZ-scoreの評価、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  61. 小野遥香、我妻慧、増渕正輝、根本玲央、小野貴史、伊藤希、山口正太郎、三輪建太:新しいSiPM-based TOF-PET装置と従来のPMT-based TOF-PET装置の性能比較、第37回日本核医学技術学会総会学術大会,2017, 横浜.

  62. 三輪建太、我妻慧、細貝良行:核医学的手法を用いた無採血15O標識ガス検査による脳循環代謝測定法の開発、国際医療福祉大学学会第7回学術大会,2017,大田原.

  63. 田中雅之、小池笑也、我妻慧、平塚勢哉、益子大世、三輪建太:11C-PiBによる脳PET画像に対する正則化逐次近似画像再構成法の至適β値の検討、日本放射線技術学会第63回関東支部研究発表大会,2017, 宇都宮.

  64. 我妻慧、三輪建太、平塚勢也、田中雅之、小池笑也、益子大世、石井賢二:11C-PiBアミロイドPETに対するCentiloid scaleを用いた定量的評価の検討、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  65. 三輪建太、田中雅之、宮司典明、茂木一樹、山下康輔、河上一公:骨SPECT/CTにおける解剖学的標準化機能を用いた新たな評価指標の検討、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  66. 山口正太郎、我妻慧、三輪建太、石井賢二、井上一雅、福士政広:PET正則化逐次近似再構成法におけるPSF補正エッジアーチファクトの抑制効果と放射能濃度比との関係、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  67. 三須義直、市川肇、三輪建太、松友紀和、渡邉洋一、加藤豊大:新しい骨シンチ評価用胸部ファントムを用いたプラナ像およびSPECT像の検出能評価、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  68. 梅田拓朗、宮司典明、中澤脩人、茂木一樹、我妻慧、三輪建太、小泉満:Ra-223イメージングにおける異なるコリメータを用いた総合感度と総合空間分解能の比較、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  69. 田口好晃、三輪建太、南本亮吾、堀田昌利、梶原宏則、児玉清幸、谷島義信:deformable image registrationを用いた冠動脈CTと13N-NH3 PET画像との3D-Fusion画像の作成とFusion精度の検討、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  70. 茂木一樹、宮司典明、三輪建太、梅田拓朗、滝口智洋、寺内隆司、小泉満:定量的骨SPECT/CTにおける異なる密封線源を用いた相互校正精度に関する検討、第36回日本核医学技術学会総会学術大会,2016,名古屋.

  71. 三輪建太、我妻慧、宮司典明、神谷貴史、飯森隆志、澤田晃一、櫻井実:NISTトレーサブル標準線源を用いた多施設PET装置のSUV精度管理、第36回日本核医学技術学会総会学術大会,2016,名古屋.

  72. 三輪建太、宮司典明、河上一公、山下康輔:解剖学的標準化機能を用いた骨SPECT/CT画像の異常集積部位検出の試み、第36回日本核医学技術学会総会学術大会,2016,名古屋.

  73. 我妻慧、三輪建太、坂田、石井賢二:PET校正用68Ge/68Ga線源キットを用いたクロスキャリブレーションの妥当性、第36回日本核医学技術学会総会学術大会,2016,名古屋.

  74. 山口正太郎、我妻慧、三輪建太、石井賢二、井上一雅、福士政広:BSREM法によるベイズ型画像再構成のエッジアーチファクトの改善効果、第44回日本放射線技術学会秋季学術大会、2016年10月8日〜10日,大宮.

  75. 宮司典明、茂木一樹、深井翔平、三輪建太、滝口智洋、梅田拓朗、寺内隆司、小泉満:PET自動投与装置2機種の操作位置における線量評価、第44回日本放射線技術学会秋季学術大会、2016年10月8日〜10日,大宮.

  76. 宮司典明、茂木一樹、深井翔平、滝口智洋、三輪建太、寺内隆司、中村広明:精度改善キットを用いた自動投与装置の投与精度、PETサマーセミナー2016 in熊本,2016,熊本.

  77. 中澤脩人、梅田拓朗、茂木一樹、宮司典明、我妻慧、三輪建太、臼井桂介:呼吸同期PET/CTを用いた肺/横隔膜境界腫瘍におけるGTV描出能の評価、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  78. 三輪建太、福永誠聖、前畠彬、守田圭伸、津留弘樹、筒井悠治、佐々木雅之:FDG-PET/CTにおけるサブセンチ微小球の検出能に寄与する因子と検出限界、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  79. 守田圭伸、前畠彬、岩崎梨菜、塩月佑季、三輪建太、氷室和彦、佐々木雅之:ファンビームコリメータを用いた脳ドパミントランスポータSPECT/CTの再構成条件および平行コリメータとの比較検討、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  80. 津留弘樹、三輪建太、前畠彬、守田圭伸、宮司典明、茂木一樹、寺内隆司、佐々木雅之:18F-FDG PET/CTにおける治療前の肝臓SUVに影響を与える因子、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  81. 守田圭伸、竹下利貴、三輪建太、前畠彬、筒井悠治、氷室和彦、馬場眞吾、佐々木雅之:テクスチャー解析によるPET画像の不均一集積の評価、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  82. 高橋昭彦、三輪建太、佐々木雅之、馬場眞吾:放射線内用療法核種Ra-223の画像化のモンテカルロシミュレーション研究、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  83. 赤松剛、三輪建太、佐々木雅之、千田道雄:PETにおける最近の話題および診療放射線技師における博士号,平成27年度神戸市技師会研究発表会,2015,神戸.

  84. 我妻慧、三輪建太、横川直樹、大澤達史、織田圭一、石井賢二、石渡喜一、佐々木雅之:アミノ酸PETにおける脳腫瘍模擬ファントムの腫瘍バックグランド比および輪郭抽出に関する研究,第35回日本核医学技術学会総会学術大会,2015,東京.

  85. 前畠彬、筒井悠治、氷室和彦、赤松剛、守田圭伸、三輪建太、馬場眞吾、佐々木雅之:雑音等価計数とPET画像の画質の関係に画像再構成法が及ぼす影響,第35回日本核医学技術学会総会学術大会,2015,東京.

  86. 守田圭伸、竹下利貴、三輪建太、前畠彬、筒井悠治、氷室和彦、馬場眞吾、佐々木雅之,PET画像の集積パターンの違いが不均一性評価に及ぼす影響,第35回日本核医学技術学会総会学術大会,2015,東京.

  87. 一瀬龍也、高橋昭彦、三輪建太、前畠彬、佐々木雅之:Channelized Hotelling Observer:CHOによるPET画像評価,第10回九州放射線医療技術学術大会,2015年10月31(土)、11月1日(日),宮崎.

  88. 岡野真士、芝晃弘、高橋昭彦、三輪建太、佐々木雅之:α線内用療法におけるRa-223の画像化のモンテカルロシミュレーション,第10回九州放射線医療技術学術大会,2015年10月31(土)、11月1日(日),宮崎.

  89. 津留弘樹、三輪建太、前畠彬、守田圭伸、佐々木雅之:18F-FDG PET/CTの肝臓SUVに影響する因子,第10回九州放射線医療技術学術大会,2015年10月31(土)、11月1日(日),宮崎.

  90. 福永誠聖、三輪建太、前畠彬、守田圭伸、筒井悠治、津留弘樹、馬場眞吾、佐々木雅之:PET/CTによるサブセンチ微小球の描出能の検討,第10回九州放射線医療技術学術大会,2015年10月31(土)、11月1日(日),宮崎.

  91. 塩月佑季、前畠彬、岩崎梨菜、守田圭伸、氷室和彦、馬場眞吾、三輪建太、佐々木雅之:ファンビームコリメータを用いた脳ドパミントランスポータSPECTの画像最構成条件の検討,第10回九州放射線医療技術学術大会,2015年10月31(土)、11月1日(日),宮崎.

  92. 岩崎梨菜、前畠彬、塩月佑季、守田圭伸、氷室和彦、馬場眞吾、三輪建太、佐々木雅之:ファンビームコリメータを用いた脳ドパミントランスポータSPECTの画像最構成条件の検討,第10回九州放射線医療技術学術大会,2015年10月31(土)、11月1日(日),宮崎.

  93. 高橋昭彦、芝弘晃、三輪建太、佐々木雅之:ドパミントランスポータSPECT画像のモンテカルロシミュレーション、第43回日本放射線技術学会秋季学術大会、2015年10月8日〜10日,金沢.

  94. 三輪建太、我妻慧、神谷貴史、澤田晃一、飯森隆志、福澤圭、佐藤英介:FDG-PETとMRIにおけるSUVとADCの定量性に関する多施設共同研究、第43回日本放射線技術学会秋季学術大会、2015年10月8日〜10日,金沢.

  95. 我妻慧、三輪建太、宮司典明、梅田拓朗、佐々木雅之、石井賢二:68Ge/68Ga標準線源を用いたPET装置およびドーズキャリブレータの校正、PETサマーセミナー2015 in 東京ベイ、2015年9月4日〜6日,東京.

  96. 佐々木雅之、三輪建太、赤松剛、筒井悠治、前畠彬:Biograph mCTの定量性と部分容積効果、PETサマーセミナー2015 in 東京ベイ、2015年9月4日〜6日,東京.

  97. 佐々木雅之、三輪建太:PET検査の定量性とその変動:繰り返し性と再現性、標準化と調和化、PETサマーセミナー2015 in 東京ベイ、2015年9月4日〜6日,東京.

  98. 高根侑美、杜下淳次、吉田豊、藤淵俊王、赤坂勉、三輪建太、藪内英剛、佐々木雅之:実践能力強化型チーム医療加速プログラムの目指すもの,第9回日本診療放射線学教育学総会・学術集会

  99. 福澤圭、高島弘幸、山谷裕哉、高津安男、畑純一、佐藤英介、三輪建太:Comparison of apparent diffusion coefficients among different MRI platforms: a multicenter phantom study,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  100. 宮司典明、三輪建太、村田泰輔、我妻慧、梅田拓朗、滝口智洋:PET用自動投与装置3機種における性能評価,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  101. 村田泰輔、三輪建太、宮司典明、我妻慧、長谷川智之、織田圭一、滝口智洋:トレーサブル22Na点状線源を用いたPET空間分解能補正の位置依存性の評価,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  102. 前畠彬、筒井悠治、三輪建太、氷室和彦、馬場眞吾、佐々木雅之:PETにおける点線源の位置と測定値変動の関係,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  103. 守田圭伸、竹下利貴、三輪建太、前畠彬、筒井悠治、馬場眞吾、佐々木雅之:PET画像における不均一性の評価に再構成条件が及ぼす影響,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  104. 梅田拓朗、三輪建太、村田泰輔、宮司典明、滝口智洋、小泉満:True Whole Body PET/CTにおける下肢撮像時間の短縮が定量値に与える影響、第61回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2014, 東京.

  105. 梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、村田泰輔、宮司典明、大澤敦、滝口智洋、小泉満:位相呼吸同期PET/CT撮像によるPET定量値の改善率の検討、第42回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2014, 札幌.

  106. 大澤敦、三輪建太、秋本健太、内田茂樹、滝口智洋:ファントム直径と計数率特性および物理学的解析、第42回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2014, 札幌.

  107. 村田泰輔、三輪建太、宮司典明、我妻慧、長谷川智之、織田圭一、滝口智洋:トレーサブル22Na点状線源を用いたPET有効視野内の歪みの評価、PETサマーセミナーin 小樽,2014,小樽.

  108. 宮司典明、三輪建太、村田泰輔、我妻慧、梅田拓朗、滝口智洋、小泉満:放射能濃度の違いによるPET自動投与装置の精度検証、PETサマーセミナーin 小樽,2014,小樽.

  109. 我妻慧、織田圭一、三輪建太、稲次基希、林志保里、石井賢二、坂田宗之、石橋賢士、伊藤公輝、豊原潤、成相直、石渡喜一:O-15ガスPET/CT撮像におけるコールドアーチファクト改善の検討、第34回日本核医学技術学会総会学術大会,2014,大阪.

  110. 小山眞道、三輪建太、小泉満:G-CSF産生子宮頸癌2症例のFDG-PET/CT所見、第54回日本核医学会学術総会, 2014, 大阪.

  111. 犬伏正幸、三輪建太、青木伊知男、辻厚至、竹内康人、我妻慧、村田泰輔、宮原信幸、佐賀恒夫、小泉満、佐々木雅之:新しい固有同期法を用いた小動物用CTによる左室機能評価、第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会,2014,大阪.

  112. 三輪建太、犬伏正幸、竹内康人、片渕哲朗、小泉満、佐々木雅之、佐賀恒夫:小動物用SPECT/PET装置を用いた99mTc/18F同時収集法の基礎的検討、第9回日本分子イメージング学会総会・学術集会,2014,大阪.

  113. 三輪建太、村田泰輔、松林史泰、我妻慧、秋本健太、宮司典明、藤淵俊王、佐々木雅之:治療用放射性核種89Sr・90Yのβ線および制動放射線に対する最適遮蔽材の検討、第7回茨城放射線腫瘍研究会,2014, つくば.

  114. 三輪建太、犬伏正幸、竹内康人、片渕哲朗、小泉満、佐賀恒夫、佐々木雅之:SPECT/PET同時収集のための小動物用clustered-multipinholeコリメータの性能評価、第70回日本放射線技術学会総会学術大会, 2014, 横浜.

  115. 宮司典明、三輪建太、我妻慧、梅田拓朗、村田泰輔:PET用ドーズキャリブレータの設置環境における最適校正係数の決定、第60回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2013, 東京.

  116. 村田泰輔、三輪建太、梅田拓朗、我妻慧、宮司典明:肝受容体シンチグラフィにおける肝摂取率定量指標のROI依存性と診断能、第60回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2013, 東京.

  117. 梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、村田泰輔、宮司典明:高感度型PET/CT装置を用いた微小病変の限界検出能、第60回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2013, 東京.

  118. 村田泰輔、梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、宮司典明、小山眞道、小泉満:体動による散乱補正エラーに対する補正アルゴリズムScatter Limitの効果、PETサマーセミナー2013加賀百万石、金沢.

  119. 大澤敦、三輪建太、秋本健太、我妻慧、内田茂樹、鍵小野祐基、富岡和彦、滝口智洋:実測とDICOM image headerによるscatter fractionの比較、第41回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2013, 福岡.

  120. 梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、村田泰輔、大澤敦、滝口智洋、小泉満:腕の動きによる散乱補正エラーに対する補正アルゴリズムの精度、第41回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2013, 福岡.

  121. 小山眞道、三輪建太、我妻慧、小泉満:四肢末梢骨転移のFDG-PET、第53回日本核医学会学術総会, 2013, 福岡.

  122. 三輪建太、犬伏正幸、竹内康人、片渕哲朗、小泉満、佐賀恒夫、佐々木雅之:ポジトロン用マルチピンホールコリメータの99mTcに対する性能評価、第53回日本核医学会学術総会, 2013, 福岡.

  123. 我妻慧、三輪建太、秋本健太、宮司典明、梅田拓朗、村田泰輔、滝口智洋:ガンマカメラDaily QCにおけるCo-57面線源を使用した総合均一性測定、第59回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2013, つくば.

  124. 梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、大澤敦、滝口智洋、村田泰輔、内田幸宏:呼吸性移動によるPET画像への影響および4D-PET/CTによる改善率の検証、第59回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2013, つくば.

  125. 三輪建太、橘英伸、犬伏正幸、我妻慧、村田泰輔、滝口智洋、佐々木雅之:糖代謝と低酸素PET/CT画像間のDeformable Image Registrationによる腫瘍内トレーサ集積分布の比較、第69回日本放射線技術学会総会学術大会, 2013, 横浜.

  126. 村田泰輔、三輪建太、松林史泰、我妻慧、秋本健太、藤淵俊王、小泉満:モンテカルロ計算を用いた高エネルギーβ線放出核種に対する最適な遮蔽材の検討、第69回日本放射線技術学会総会学術大会, 2013, 横浜.

  127. 宮司典明、三輪建太、我妻慧、大澤敦、滝口智洋、小泉満:トレーサブルNIST標準線源を用いたPET用ドーズキャリブレータの性能評価、第32回日本核医学技術学会総会学術大会, 2012, 札幌.

  128. 大澤敦、三輪建太、秋本健太、我妻慧、滝口智洋:散乱補正精度の被写体直径依存性に関する実測評価、第40回日本放射線技術学会秋季学術大会,2012,東京.

  129. 針生武瑠、小林達明、梅田徳男、五味勉、坂口和也、大川明子、三輪建太:脳疾患放射線治療計画立案支援用オントロジーの構築、第25回日本放射線腫瘍学会学術大会, 2012, 東京.

  130. 屋島拓、梅田徳男、三輪建太、五味勉、坂口和也、大川明子:Steganography技術を用いた1シリーズCT画像の埋込みの検討、第40回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2012, 東京.

  131. 鈴木和明、梅田徳男、五味勉、坂口和也、大川明子、三輪建太:色補正機能を持つ双方向テレビ通話システムを付加した在宅腹膜透析患者支援システムの構築、第16回日本医療情報学会春期学術大会,2012,函館.

  132. 小島礼慎、小林正和、米山寛人、飛坂実、松山茂人、小西貴広、三輪建太、飯田泰治:乳癌センチネルシンチグラフィにおける部分容積効果の評価、第103回日本医学物理学会学術大会,2012,横浜.

  133. 明石裕一郎、梅田徳男、大川明子、坂口和也、五味勉、三輪建太:診療画像保存・伝送システムに外来がん患者支援機能を追加したシステムの構築、第40回日本放射線技術学会秋季学術大会,2012,東京.

  134. 小林達明、梅田徳男、五味勉、坂口和也、三輪建太、大川明子:独自CT検査法オントロジー作成ツール、第40回日本放射線技術学会秋季大会, 2012, 東京.

  135. 我妻慧、三輪建太、菊池明泰、大澤敦、秋本健太、滝口智洋、小山眞道:骨シンチグラフィ自動解析ソフトの小児悪性骨腫瘍への利用、第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012, 横浜.

  136. 屋島拓、梅田徳男、三輪建太、五味勉、坂口和也、大川明子:ImageJを用いたRONI(Region of Non-Interest)への電子透かしシステムの開発、第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012, 横浜.

  137. 三輪建太、我妻慧、大澤敦、小山眞道、早坂和正、長尾充展、佐々木雅之:肺結節病変の18FDG集積分布の不均一性による良悪性鑑別、第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012, 横浜.

  138. 小林達明、梅田徳男、五味勉、坂口和也、三輪建太、大川明子:既構築CT検査支援用オントロジーを用いたCT検査法と画像表示法との関係性の分析、第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012, 横浜.

  139. 小島礼慎、小林正和、米山寛人、飛坂実、松山茂人、小西貴広、三輪建太、飯田泰治:乳腺センチネルシンチグラフィにおける部分容積効果および分解能の評価、第4回中部放射線医療技術学術大会,2011,富山.

  140. 秋本健太、三輪建太、我妻慧、山田康彦:放射性廃棄物に関する放射線管理システムの構築、第10回日本放射線安全管理学会学術大会、2011, 東京.

  141. 大澤敦、滝口智洋、田村慎太郎、三輪建太、秋本健太、我妻慧、内田茂樹:異なる被写体断面積の散乱フラクションによるScatter Fractionの測定、第39回日本放射線技術学会秋季学術大会,2011,神戸.

  142. 小林達明,梅田徳男,五味勉,坂口和也,三輪建太,大川明子:ガイドライン「X線CT撮影における標準化」に基づいた初学者CT検査支援用オントロジーの構築、第39回日本放射線技術学会秋季学術大会,2011,神戸.

  143. 明石裕一郎、梅田徳男、大川明子、坂口和也、五味勉、三輪建太:訪問看護支援システムを付加した外来がん患者支援システムの構築、第39回日本放射線技術学会秋季学術大会,2011,神戸.

  144. 屋島拓、梅田徳男、三輪建太、五味勉、坂口和也、大川明子:Steganography技術を用いた医用静止画像の自動伝送システムの構築、第39回日本放射線技術学会秋季学術大会,2011,神戸

  145. 鈴木和明、梅田徳男、大川明子、坂口和也、五味勉、三輪建太:在宅腹膜透析患者の記録ノートの電子化システムの構築、第39回日本放射線技術学会秋季学術大会,2011,神戸.

  146. 三輪建太、我妻慧、小山眞道、犬伏正幸、佐賀恒夫、長尾充展、佐々木雅之:フラクタル次元を用いた肺癌と炎症性疾患の鑑別、第51回日本核医学会学術総会、2011, つくば.

  147. 我妻 慧、三輪建太、小山眞道、早坂和正、長尾充展、高橋由武:フラクタル解析を用いた骨シンチグラフィ臨床診断補助の検討、第51回日本核医学会学術総会、2011, つくば.

  148. 三輪建太、我妻慧、秋本健太、菊池明泰、小山眞道、犬伏正幸、早坂和正、滝口智洋、大澤敦、佐々木雅之:骨シンチ診断支援ソフトにおけるMorphonセグメンテーションの精度、第31回日本核医学技術学会総会学術大会、2011, つくば.

  149. 秋本健太、三輪建太、我妻慧、滝口智洋、大澤敦、田村慎太郎、山田康彦、小山眞道、早坂和正:57-Co面線源を用いたガンマカメラ総合均一性試験の最適収集条件の検討、第31回日本核医学技術学会総会学術大会、2011, つくば.

  150. 秋本健太、三輪建太、我妻慧、滝口智洋、大澤敦、田村慎太郎、山田康彦、小山眞道、早坂和正:ガンマカメラ校正用57−Co面線源の使用経験と有用性について、第31回日本核医学技術学会総会学術大会、2011, つくば.

  151. 小山眞道、田中宏子、三輪建太、我妻慧、田村慎太郎、早坂和正:IgG4関連疾患の診断におけるFDG-PET、第51回日本核医学会学術総会、2011, つくば.

  152. 我妻慧、三輪建太、小山眞道、早坂和正、山下孝:フラクタル解析を応用した臨床補助診断法の確立に関する研究会 当院の解析結果報告、第2回フラクタル解析を応用した臨床補助診断法の確立に関する研究会、2011、松山.

  153. 小島礼慎、米山寛人、飛坂実、松山茂人、小西貴広、小林正和、三輪建太、山本友行:乳がんセンチネルリンパ節シンチSPECT撮像におけるコリメータと画像処理の基礎的検討、第3回中部放射線医療技術学術大会、2011、三重.

  154. 屋島拓、梅田徳男、三輪建太、大川明子、五味勉、坂口和也:Steganography技術を用いた三次元再構成動画像の安全性・秘匿性を確保した伝送、第67回日本放射線技術学会総会学術大会、2011, 横浜.

  155. 明石裕一郎、梅田徳男、大川明子、五味勉、三輪建太、坂口和也:外来乳がん患者自己管理支援システムの構築2、第67回日本放射線技術学会総会学術大会、2011, 横浜.

  156. 三輪建太、我妻慧、大澤敦、滝口智洋、梅田徳男、小島礼慎、犬伏正幸:腫瘍の代謝変化に基づく治療効果判定基準PERCISTの検証、第67回日本放射線技術学会総会学術大会、2011, 横浜.

  157. 我妻慧、大澤敦、三輪建太、滝口智洋、田村慎太郎、秋本健太、早坂和正:被験者体格の違いによる計数率特性がPET画像に与える影響、第67回日本放射線技術学会総会学術大会、2011, 横浜.

  158. 三輪建太、我妻慧、田村慎太郎、梅田徳男、小島礼慎、小山眞道、早坂和正:デリバリーと院内製造FDGのPET/CT検査における検査プロトコルの違いが臨床画像に与える影響、PETサマーセミナー2010 in 岡山, 2010, 岡山.

  159. 小山眞道、早坂和正、大澤敦、田村慎太郎、三輪建太、秋本健太、我妻慧、内田茂樹:メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患のFDG-PET,第50回日本核医学会学術総会,2010,大宮.

  160. 三輪建太、田村慎太郎、我妻慧、小山眞道、早坂和正:FDG-PET/CTを用いた補正Standardized uptake  valueによる悪性リンパ腫の定量的治療効果判定,第50回日本核医学会学術総会,2010,大宮.

  161. 三輪建太: 密封線源の安全取り扱いに関するガイドライン検討委員会の中間報告-各委員会施設の使用経験-, 第30回日本核医学技術学会総会学術大会, 2010, 大宮

  162. 明石裕一郎、梅田徳男、大川明子、五味勉、三輪建太、坂口和也:外来がん患者自己管理支援システムの構築,第38回日本放射線技術学会秋季学術大会、2010、仙台.

  163. 大澤敦、滝口智洋、田村慎太郎、三輪建太、秋本健太、我妻慧、内田茂樹:超大型pool phantomによるPET/CT臨床画像の再現-薬剤投与量および被写体断面積とNEC phantom・QH,10mm・N10mmの関係-,第38回日本放射線技術学会秋季学術大会,2010,仙台.

  164. 大澤敦、滝口智洋、田村慎太郎、三輪建太、秋本健太、我妻慧、内田茂樹:超大型pool phantomによるPET/CT臨床画像の再現-被写体断面が極端に大きい場合の考察-、第38回日本放射線技術学会秋季学術大会,2010,仙台.

  165. 我妻慧、三輪建太、田村慎太郎、大澤敦、滝口智洋、秋本健太、山田康彦:薬剤供給システムの異なるFDG PET/CT検査における臨床画像の比較検討、第38回日本放射線技術学会秋季学術大会,2010,仙台.

  166. 梅田徳男、高野晋、阿見年典、三輪建太、大川明子、五味勉、大松将彦:医用画像の保存や伝送における秘匿性確保・著作権保護用ハイディングセキュリティモデルの検討、第66回日本放射線技術学会総会学術大会、2010,横浜.

  167. 三輪建太、大澤敦、滝口智洋、梅田徳男、小島礼慎、山田康彦、早坂和正:悪性リンパ腫のFDG-PET/CT治療効果モニタリングにおける部分容積補正の検討、第66回日本放射線技術学会総会学術大会,2010, 横浜.

  168. 伊藤照生、宮島悟史、橘英伸、三輪建太、伊藤彬:当院に設置したサイクロトロンからの漏えい線量の評価、医学放射線物理学会、2010, 横浜.

  169. 小島礼慎,上田伸一,小路佐織,倉田雄一,餅谷裕子,武村哲浩,三輪建太,山本友行:CBCTを用いた有用な位置補正法の検証,第2回中部放射線医療技術学術大会,2009,岐阜.

  170. 大澤敦,三輪建太,滝口智洋,田村慎太郎,我妻慧,秋本健太,大橋聖,北村望:PET-CTで横隔膜周辺に発生するアーチファクトの再現−動体ファントムによるEmissionの検討−,第37回日本放射線技術学会秋季学術大会,2009,岡山.

  171. 大澤敦,三輪建太,滝口智洋,田村慎太郎,我妻慧,秋本健太,大橋聖,北村望:PET-CTで横隔膜周辺に発生するアーチファクトの再現−動体ファントムによるCT-Transmissionの検討−,第37回日本放射線技術学会秋季学術大会,2009,岡山.

  172. 三輪建太,松林史泰,大橋聖,滝口智洋,藤淵俊王,小島礼慎,山田康彦:モンテカルロシミュレーションを用いたSr-89疼痛緩和治療における医療従事者の手指被曝の評価,第65回日本放射線技術学会総会学術大会,2009, 横浜.

  173. 本田賢治,梅田徳男,山本修司,三輪建太,福地奈緒,増知里,黒坂隆博:胸部CT検診におけるCLAHE処理の有用性の検討,第28回医療情報学連合大会,2008,横浜

  174. 佐藤英介,磯辺智範,三輪建太,竹田圭佑,瀬川泉美,稲田龍司,阿武泉:DTT softwareの違いが皮質脊髄路の描出能に与える影響,第36回日本放射線技術大会秋季学術大会,2008,軽井沢.

  175. 大木優,梅田徳男,福地奈緒,三輪建太,橋口修卓,山本修司:外来がん化学療法患者の自己管理支援システムの構築,第64回日本放射線技術学会総会学術大会,2008,横浜.

  176. 橋口修卓,大木優,三輪建太,福地奈緒,梅田徳男,山本修司:Ajaxを用いたWebベース遠隔画像診断レポート作成システムの構築,第64回日本放射線技術学会総会学術大会,2008,横浜.

  177. 本田賢治,梅田徳男,山本修司,三輪建太、福地奈緒,増知里,黒坂隆博:マンモグラムの微小石灰化検出におけるCLAHE処理の基礎的検討,第64回日本放射線技術学会総会学術大会,2008,横浜.

  178. 増知里,山本修司,三輪建太,福地奈緒,本田賢治,梅田徳男:マンモグラムの統合的領域特徴量の解析,第64回日本放射線技術学会総会学術大会,2008,横浜.

  179. 阿見年典,三輪建太,大木優,橋口修卓,本田賢治,増知里,梅田徳男:電子透かしを埋込んだJPEG/JPEG2000圧縮の画質劣化の評価,第64回日本放射線技術学会総会学術大会,2008,横浜.

  180. 柴崎泰之,三輪建太,梅田徳男,浅田友親,西嘉一:JESRAに基づいた医用画像表示用モニタの遠隔制御管理システムの構築,第64回日本放射線技術学会総会学術大会,2008,横浜.

  181. 黒坂隆博,本田賢治,三輪建太,上前峰子,山本修司,梅田徳男:放射線治療におけるCR Portal ImageのCLAHE処理の検討,第95回日本医学物理学会学術大会,2008,横浜.

  182. 三輪建太,梅田徳男,阿見年典,福地奈緒,山本修司,橘英伸,大松将彦,大川明子:電子透かし技術を用いた医用画像に対する秘匿性確保・著作権保護に関するシステム構築,第27回医療情報学会連合大会,2007, 神戸.

  183. 三輪建太,阿見年典,山本修司,橘英伸,福地奈緒,大松将彦,梅田徳男:情報ハイディング技術を用いた医用画像に対する安全で廉価なセキュリティモデルの構築,第35回日本放射線技術学会秋季学術大会,2007, 名古屋

  184. 福地奈緒,三輪建太,橘英伸,山本修司,大松将彦,梅田徳男:内臓脂肪症候群に着目した在宅医療支援システムの構築,第35回日本放射線技術学会秋季学術大会,2007, 名古屋.

  185. 増知里,小島春菜,長谷川智之,福島康宏,小島礼慎,村山秀雄,三輪建太,磯辺智範,梅澤直樹,丸山浩一,梅田徳男:医学物理分野における3次元アニメーションを用いた教育素材の開発,第93回日本医学物理学会学術大会,2007, 横浜.

  186. 山本修司,三輪建太,小水満,梅田徳男,森山紀之:CT物理特性評価用アプリケーションソフトウェアの開発,第63回日本放射線技術学会総会学術大会,2007,横浜.

  187. 大松将彦,三輪建太,福地奈緒,梅田徳男:NBMの実践を支援する患者参加型医療対話システムの構築とその効果,第63回日本放射線技術学会総会学術大会,2007,横浜.

  188. 三輪建太,山本修司,橘英伸,福地奈緒,大松将彦,梅田徳男:Steganographyを用いた医用画像に対する秘匿性の確保の検討,第63回日本放射線技術学会総会学術大会,2007,横浜.

  189. 本田賢治,山本修司,三輪建太,福地奈緒,橘英伸,梅田徳男:マンモグラフィにおける画質改善および診断支援ツールの開発,第63回日本放射線技術学会総会学術大会,2007,横浜.

  190. 丸山力哉,浅田友親,三輪建太,福地奈緒,西嘉一,長谷川幹夫,梅田徳男:医用画像表示用モニタの遠隔品質監視システムの構築,第63回日本放射線技術学会総会学術大会,2007,横浜.

  191. 徳吉泰子,三輪建太,磯辺智範,小島礼慎,吉川健太,長谷川智之,梅田徳男:診療放射線技術学分野における3次元アニメーション教育素材の作成,第53回関東部会研究発表会,2007, 前橋.

  192. 吉川健太,磯辺智範,長谷川智之,梅田徳男,三輪建太,小島礼慎,藤淵俊王,梁川範幸:胃部造影検査におけるマルチメディア教育素材の作成,第34回日本放射線技術学会秋季学術大会,2006,札幌.

  193. 三輪建太,磯辺智範,長谷川智之,福島康宏,小島礼慎,松林史泰,藤淵俊王,依田一重,梅田徳男:診療画像技術学分野における教育素材の作成−胃の撮影技術向上のために−,第91回日本医学物理学会学術大会, 2006, 横浜.

【受賞】
  1. 座長推薦優秀研究発表:山尾天翔、三輪建太、我妻慧、松田博史:アルツハイマー病に対するPET, MRI画像を用いた病理学的分類法の評価、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2020, Web開催.

  2. 座長推薦優秀研究発表:廿樂楓、我妻慧、横塚記代、三輪建太、石井賢二:Bayesian penalized likelihood法における[18F]fluciclovineアミノ酸脳腫瘍PETの至適β値の検討、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2020, Web開催.

  3. 座長推薦優秀研究発表:我妻慧、坂田宗之、石橋賢士、平山昭、川上泰史、三輪建太、石井賢二:[18F]flutemetamolのアミロイドPETにおけるBayesian penalized likelihood法の有用性、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2020, Web開催.

  4. 第17回日本核医学会研究奨励賞:Kei Wagatsuma, Kiichi Ishiwata, Fumiyoshi Nobuhara,  Iwane Koumura, Masayuki Kunugi,Keiichi Oda, Kenta Miwa, Jun Toyohara, Kenji Ishii. Pre-discarded estimation of the radio-activated material in the PET cyclotron systems and inner concrete walls of cyclotron vault, Med Phys, 46(5), 2457-2467, 2019.

  5. 日本放射線技術学会総会学術大会「Gold Award」:山尾天翔、三輪建太、我妻慧、松田博史:アルツハイマー病に対するPET, MRI画像を用いた病理学的分類法の評価、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2020, Web開催.

  6. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Award」:廿樂楓、我妻慧、横塚記代、三輪建太、石井賢二:Bayesian penalized likelihood法における[18F]fluciclovineアミノ酸脳腫瘍PETの至適β値の検討、第76回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2020, Web開催.

  7. 優秀研究発表(座長推薦):三輪建太、村田泰輔、宮司典明、神谷貴史、大脇由樹、岡元智也、江村隆、高橋将史、小林凜也、飯森隆志:多施設で評価したRapid骨SPECT/CT撮像の可能性、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  8. 優秀研究発表(座長推薦):小林凜也、三輪建太、花城舞、大出安美、宮司典明、河上一公:骨シンチグラフィにおけるUptake Timeの違いが正常骨領域の定量値に与える影響、第39回日本核医学技術学会総会学術大会, 2019, 愛媛.

  9. ​国際医療福祉大学大学院2019年度大学院長賞:菅満喜人

  10. 千葉県下国立病院医師会定例連合研究会「優秀賞」:菅満喜人、西井龍一、山崎香奈、上髙祐人、河野良介、三輪建太、谷本克之、東達也、辻比呂志:18F-FDG PET/CT画像のTexture解析による肺がんと炎症の鑑別、第595回千葉県下国立病院医師会定例連合研究会, 2019, 千葉.

  11. 国際医療福祉大学学会学術大会「優秀演題賞」:三輪建太、上髙祐人菅満喜人、細貝良行、西井龍一:局所進行膵臓癌のPET画像における腫瘍内不均一性による新たながん診断法の開発・評価, 第9回国際医療福祉大学学会学術大会2019, 東京.

  12. 座長推薦優秀研究発表:上髙祐人、三輪建太、西井龍一、上石愛佳、菅満喜人、谷本克之:切除不能局所進行膵臓がんの治療前PET画像に対するテクスチャー解析による重粒子線治療効果の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  13. 座長推薦優秀研究発表:山尾天翔、三輪建太、赤松剛、我妻慧、松田博史:18F-THK-5351タウPETにおけるCentiloid scaleを用いた定量方法の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  14. 座長推薦優秀研究発表:横川光、三輪建太、河上一公、山下康輔、宮司典明:濃度ヒストグラムを用いた骨SPECT画像のカウント正規化の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  15. 座長推薦優秀研究発表:三輪建太、工藤唯子、髙橋裕人、横川光:11C-methionine PET画像に対するテクスチャー解析を用いた脳腫瘍の再発と放射線壊死の鑑別、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会, 2019, 横浜.

  16. SNMMI-TS Technologist Travel Grant Award 2019:Yuto Kamitaka, Kenta Miwa, Ryuichi Nishii, Aika Ageishi, Makito Suga, Katsuyuki Tanimoto, Kana Yamazaki, Tatsuya Higashi, Tadashi Kamada. Textural analysis of 18F-FDG PET/CT to predict tumor response of carbon-ion radiotherapy in patients with locally advanced pancreas cancer, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.
  17. SNMMI-TS Technologist Travel Grant Award 2019:Seiya Hiratsuka, Kenta Miwa, Kei Wagatsuma. Evaluation of smart metal artifact reduction on CT images in 18F-NaF PET/CT: effects on the accuracy of SUV for tissue around an artificial knee joint, SNMMI, Anaheim, USA, 2019.
  18. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Award」山尾天翔、三輪建太、赤松剛、我妻慧、松田博史:18F-THK-5351タウPETにおけるCentiloid scaleを用いた定量方法の検討、第75回日本放射線技術学会総会学術大会総会学術大会(横浜), 2019, 横浜.
  19. ​国際医療福祉大学大学院平成30年度大学院長賞:根本玲央
  20. 日本核医学技術学会H29年度最優秀論文賞:市川肇、加藤豊大、島田秀樹、渡邊洋一、三輪建太、松友紀和、三須義直、小野口昌久:新しい骨シンチグラフィ評価用胸部ファントムを用いた検出能の評価、核医学技術, 2017, 37: 229-238.
  21. 日本核医学会学術総会「いいね大賞4位」:山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央、松田博史:11C-PiB画像に対する部分容積効果補正法の組合せによる定量性の評価、第58回日本核医学会学術総会(沖縄), 2018.
  22. 座長推薦優秀研究発表:髙橋裕人、三輪建太、増渕正輝、我妻慧、上髙祐人、成瀬正理、比嘉友里菜:視覚評価によるサブセンチ微小球検出のためのBayesian penalized likelihood法のPET至適条件の検討、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.
  23. 座長推薦優秀研究発表:平塚勢哉、三輪建太、小野貴史、我妻慧:18F-NaF PET/CTにおける金属アーチファクト低減処理による人工膝関節周囲組織のSUVの評価、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.

  24. 座長推薦優秀研究発表:Tusongjiang Muladili、三輪建太、山尾天翔、山口将司、髙橋裕人、我妻慧、赤松剛:異なるアミロイドPET製剤による脳内放射能濃度分布の定量的比較、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018

  25. 日本放射線技術学会秋季学術大会「銀賞」:Tusongjiang Muladili、三輪建太、山尾天翔、山口将司、髙橋裕人、我妻慧、赤松剛:異なるアミロイドPET製剤による脳内放射能濃度分布の定量的比較、第45回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2018, 仙台.
  26. 国際医療福祉大学学会学術大会「優秀演題賞」:三輪建太、平塚勢哉、根本玲央、木村周平、我妻慧、細貝良行:アルツハイマー型認知症の超早期診断のためのアミロイドPETの新しい定量評価法の評価, 第8回国際医療福祉大学学会学術大会2018, 東京.
  27. SNMMI-TS Technologist Travel Grant Award:Kenta Miwa, Noriaki Miyaji, Kazunori Kawakami, Kei Wagatsuma, Yuto Kamitaka, Tensho Yamao: Development of automated statistical Z-score calculation software using bone SPECT/CT images, SNMMI, Philadelphia, USA, 2018.
  28. Best poster award: Kei Wagatsuma, Kenta Miwa, Muneyuki Sakata, Kenji Ishibashi, Keiichi Oda, Tetsuro Tago, Jun Toyohara, Kenji Ishii: Optimization of reconstruction conditions for tau PET imaging using [18F] THK5351. 12Th World congress of the world federation of nuclear medicine and biology, Melbourne, Australia, 2018.
  29. 座長推薦優秀研究発表:三輪建太、林佑理、柳田悠太朗、宮司典明、山下康輔、片平敬人、河上一公:骨SPECT/CT画像を用いたZ-scoreの自動算出のためのソフトウェアの開発、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  30. 座長推薦優秀研究発表:山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央:アミロイドPETにおけるMRI segmentationを用いた22種類の部分容積効果補正法の比較、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  31. 座長推薦優秀研究発表:宮司典明、茂木一樹、深井翔平、梅田拓朗、島田直毅、三輪建太、寺内隆司:新たなディスポーザブルキットを用いたPET用自動投与装置の投与精度、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  32. 座長推薦優秀研究発表:宮司典明、三輪建太、常盤礼香、根本玲央、市川肇:骨SPECT/CTにおける共役勾配法を用いた新しい画像再構成法の特性評価、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  33. 座長推薦優秀研究発表:我妻慧、三輪建太、坂田宗之、石橋賢士、織田圭一、石井賢二:[18F]THK5351タウPETにおける最適撮像条件に関する検討、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  34. 日本放射線技術学会総会学術大会「Silver Award」:三輪建太、林佑理、柳田悠太朗、宮司典明、山下康輔、片平敬人、河上一公:骨SPECT/CT画像を用いたZ-scoreの自動算出のためのソフトウェアの開発、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  35. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Award」:宮司典明、三輪建太、常盤礼香、根本玲央、市川肇:骨SPECT/CTにおける共役勾配法を用いた新しい画像再構成法の特性評価、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  36. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Award」:山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央:アミロイドPETにおけるMRI segmentationを用いた22種類の部分容積効果補正法の比較、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  37. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Award」:我妻慧、三輪建太、坂田宗之、石橋賢士、織田圭一、石井賢二:[18F]THK5351タウPETにおける最適撮像条件に関する検討、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  38. 最優秀学生発表賞:山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央:アミロイドPETにおけるMRI segmentationを用いた22種類の部分容積効果補正法の比較、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  39. 優秀学生発表賞:山尾天翔、三輪建太、松原佳亮、我妻慧、上髙祐人、根本玲央:アミロイドPETにおけるMRI segmentationを用いた22種類の部分容積効果補正法の比較、第74回日本放射線技術学会総会学術大会, 2018, 横浜.

  40. 座長推薦優秀研究発表:根本玲央、益子大世、寺田慎一郎、福原幸規、宮司典明、三輪建太:骨SPECTの定量評価を目的とした最適な散乱線補正法の検討、第45回日本射線技術学会秋季学術大会(広島)

  41. 座長推薦優秀研究発表:増渕正輝、我妻慧、小野遥香、根本玲央、木村周平、三輪建太:新しいSiPM-based TOF-PET/CT装置によるサブセンチ微小球の検出能の評価、第44回日本放射線技術学会秋季学術大会(広島)

  42. 日本放射線技術学会秋季学術大会「優秀演題賞」:増渕正輝、我妻慧、小野遥香、根本玲央、木村周平、三輪建太:新しいSiPM-based TOF-PET/CT装置によるサブセンチ微小球の検出能の評価、第44回日本放射線技術学会秋季学術大会,2017,広島.

  43. 日本放射線技術学会総会学術大会「Gold Medal」:我妻慧、三輪建太、平塚勢也、田中雅之、小池笑也、益子大世、石井賢二:11C-PiBアミロイドPETに対するCentiloid scaleを用いた定量的評価の検討、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  44. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Medal」:三輪建太、田中雅之、宮司典明、茂木一樹、山下康輔、河上一公:骨SPECT/CTにおける解剖学的標準化機能を用いた新たな評価指標の検討、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  45. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Medal」:田口好晃、三輪建太、南本亮吾、堀田昌利、梶原宏則、児玉清幸、谷島義信:deformable image registrationを用いた冠動脈CTと13N-NH3 PET画像との3D-Fusion画像の作成とFusion精度の検討、第73回日本放射線技術学会総会学術大会, 2017, 横浜.

  46. 栃木県診療放射線技師会学術研究発表会「学術奨励賞」:小池笑也、田中雅之、平塚勢哉、益子大世、三輪建太:正則化に基づく逐次近似画像再構成法による脳PET画像の画質評価、栃木県診療放射線技師会第12回学術研究発表会, 2017, 宇都宮.

  47. 座長推薦優秀研究発表:三輪建太、福永誠聖、前畠彬、守田圭伸、津留弘樹、筒井悠治、佐々木雅之:FDG-PET/CTにおけるサブセンチ微小球の検出能に寄与する因子と検出限界、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  48. 日本放射線技術学会総会学術大会「Bronze Medal」:津留弘樹、三輪建太、前畠彬、守田圭伸、宮司典明、茂木一樹、寺内隆司、佐々木雅之:18F-FDG PET/CTにおける治療前の肝臓SUVに影響を与える因子、第72回日本放射線技術学会総会学術大会, 2016, 横浜.

  49. 平成27年日本放射線技術学会研究奨励賞「技術奨励賞(核医学分野)」:三輪建太

  50. 日本放射線技術学会総会学術大会「銀賞」:福澤圭、高島弘幸、山谷裕哉、高津安男、畑純一、佐藤英介、三輪建太:Comparison of apparent diffusion coefficients among different MRI platforms: a multicenter phantom study,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  51. 日本放射線技術学会総会学術大会「銅賞」:宮司典明、三輪建太、村田泰輔、我妻慧、梅田拓朗、滝口智洋:PET用自動投与装置3機種における性能評価,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  52. 日本放射線技術学会総会学術大会「銅賞」:守田圭伸、竹下利貴、三輪建太、前畠彬、筒井悠治、馬場眞吾、佐々木雅之:PET画像における不均一性の評価に再構成条件が及ぼす影響,第71回日本放射線技術学会総会学術大会, 2015, 横浜.

  53. SNMMI-TS Technologist/Student Travel Award:Kenta Miwa, Takuro Umeda, Taisuke Murata, Kei Wagatsuma, Noriaki Miyaji, Tomohiro Takiguchi, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: Impact of scatter limitation correction on photopenic artifacts caused by patient motion during whole-body PET/CT. SNMMI, Baltimore, USA, 2015.

  54. 平成26年度がん研究会Best English Paper賞「シルバー賞」:Taisuke Murata*, Kenta Miwa*, Fumiyasu Matsubayashi, Kei Wagatsuma, Kenta Akimoto, Tshioh Fujibuchi, Noriaki Miyaji, Tomohiro Takiguchi, Masayuki Sasaki, Mitsuru Koizumi: Optimal radiation shielding for beta and bremsstrahlung radiation emitted by 89Sr and 90Y: validation by empirical approach and Monte Carlo simulations, Ann Nucl Med, 28(7), 617-622, 2014. (*Contributed equally)

  55. 座長推薦優秀研究発表:三輪建太、犬伏正幸、竹内康人、片渕哲朗、小泉満、佐賀恒夫、佐々木雅之:Performance characteristics of clustered multi-pinhole technology for simultaneous high-resolution SPECT/PET、第70回日本放射線技術学会総会学術大会, 2014, 横浜.

  56. 平成25年度がん研究会Best English Paper賞「シルバー賞」:Kenta Miwa, Masayuki Inubushi, Kei Wagatsuma, Michinobu Nagao, Taisuke Murata, Masamichi Koyama, Mitsuru Koizumi, Masayuki Sasaki: FDG uptake heterogeneity evaluated by fractal analysis improves the differential diagnosis of pulmonary nodules, Eur J Radiol, 83, 715-719, 2014.

  57. 座長推薦優秀研究発表:梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、村田泰輔、大澤敦、滝口智洋、小泉満:腕の動きによる散乱補正エラーに対する補正アルゴリズムの精度、第41回日本放射線技術学会秋季学術大会, 2013, 福岡.

  58. 優秀発表賞:梅田拓朗、三輪建太、我妻慧、大澤敦、滝口智洋、村田泰輔、内田幸宏:呼吸性移動によるPET画像への影響および4D-PET/CTによる改善率の検証、第59回日本放射線技術学会関東部会研究発表大会, 2013, つくば.

  59. Travel Award:Kenta Miwa, et. al.: Technical approaches for quantitative response to therapy using 18F-FDG PET: the partial volume correction and optimal index, 59th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio. USA, 2012.

  60. 日本放射線技術学会総会学術大会「金賞」:三輪建太、我妻慧、大澤敦、小山眞道、早坂和正、長尾充展、佐々木雅之:肺結節病変の18FDG集積分布の不均一性による良悪性鑑別、第68回日本放射線技術学会総会学術大会, 2012, 横浜.

  61. 座長推薦優秀研究発表:大澤敦、滝口智洋、田村慎太郎、三輪建太、秋本健太、我妻慧、内田茂樹:異なる被写体断面積の散乱フラクションによるScatter Fractionの測定、第39回日本放射線技術学会秋季学術大会,2011,神戸.

  62. 日本放射線技術学会総会学術大会「銅賞」:三輪建太、我妻慧、大澤敦、滝口智洋、梅田徳男、小島礼慎、犬伏正幸:腫瘍の代謝変化に基づく治療効果判定基準PERCISTの検証、第67回日本放射線技術学会総会学術大会、2011, 横浜.

  63. 座長推薦優秀研究発表:大澤敦,三輪建太,滝口智洋,田村慎太郎,我妻慧,秋本健太,大橋聖,北村望:PET-CTで横隔膜周辺に発生するアーチファクトの再現−動体ファントムによるEmissionの検討−,第37回日本放射線技術学会秋季学術大会,2009,岡山

  64. 座長推薦優秀研究発表:三輪建太,松林史泰,大橋聖,滝口智洋,藤淵俊王,小島礼慎,山田康彦:モンテカルロシミュレーションを用いたSr-89疼痛緩和治療における医療従事者の手指被曝の評価,第65回日本放射線技術学会総会学術大会,2009, 横浜.

  65. Poster award (New Technology):Hasegawa T, Fukushima Y, Isobe T, Umezawa N, Maruyama K, Umeda T, Muraishi H, Murayama H, Yaguchi Y, Kojima H, Miwa K: 3D Animations for Medical Physics Education and Learning, The 4th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics and The 5th Asia-Oceania Congress of Medical Physics, Kyoto, Japan, 2005.

【科学研究費(Grant)】
  1. NEC C&C財団国際会議論文発表者助成(2007)代表

  2. 公益財団政策医療振興財団研究助成(2012)代表

  3. 公益財団法人がん研究会臨床研究センター助成(2011)代表

  4. 日本放射線技術学会国際交流派遣助成(2012)代表

  5. 公益財団法人がん研究振興財団がん研究助成一般課題B(2012)代表

  6. 日本核医学技術学会国際交流研修派遣員助成(2013)代表

  7. 日本放射線技術学会学術調査研究(2014-2016)代表

  8. 日本核医学技術学会研究助成(2014)分担

  9. 横浜総合医学振興財団医療技術研究助成(2014)分担

  10. 公益財団法人がん研究振興財団海外派遣研究助成(2015)代表

  11. 文部科学研究費補助金(若手研究B)16K19831(2016-2019)代表

  12. 国際医療福祉大学学内競争的資金奨励研究(2016)代表

  13. 富士フイルムRIファーマ共同研究(2015-2019)代表

  14. 日本放射線技術学会学術調査研究(2016-2018)分担

  15. 日本放射線技術学会学術調査研究(2017-2019)分担

  16. 公益財団政策医療振興財団研究助成(2017)代表

  17. 国際医療福祉大学学内競争的資金奨励研究(2017)代表

  18. がん振興財団平成30年看護師・薬剤師・技師等海外研修への助成(2018)代表

  19. ​日本放射線技術学会学生派遣助成(2018)代表

  20. 日本メジフィジックス委託研究(2017-2018)代表

  21. 日本放射線技術学会学術調査研究(2018-2020)分担

  22. 日本メジフィジックス委託研究(2018-2019)代表

  23. 国際医療福祉大学学内競争的資金一般研究(2018)代表

  24. 富士フイルム富山化学共同研究(2018-2019)代表

  25. 日本放射線技術学会学術調査研究(2019-2021)分担

  26. 国際医療福祉大学学内競争的資金一般研究(2019)代表

  27. 日本核医学技術学会国際交流研修派遣員助成(2019)代表

  28. 富士フイルム富山化学共同研究(2019-2020)代表

  29. ​日本メジフィジックス委託研究(2020-2021)代表

  30. 国際医療福祉大学学内競争的資金一般研究A(2020)代表

  31. 文部科学研究費補助金(若手研究)21K18097(2021-2024)代表