総説・報告書

  1. 青木卓、坪井孝達、三木一孝、竹中賢一、對間博之、長木昭男、松本圭一、三輪建太、森一晃、山永隆史、小野口昌久:心筋血流SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0.核医学技術、40(4), 413-426, 2020.

  2. ​三輪建太、吉井斗輝也、山尾天翔、上髙祐人、根津翔吾、菅俣祐太、我妻慧、宮司典明:Q.Clearの原理と最適β値の決定方法、GEヘルスケア冊子、1-12, 2020.

  3. 三輪建太:ヨーロッパ核医学会2019(EANM2019)参加報告、核医学技術、40(2), 156-159, 2020.

  4. 我妻慧、坂田宗之、三輪建太、宮司典明:PET測定における定量と精度管理、日放技雑誌、76(4), 437-443, 2020.

  5. 三輪建太、村田泰輔:複合機CTがPET・SPECTの画質と定量性に与える影響、日本放射線技術学会核医学部会誌、41(2), 34-37, 2020.

  6. 三輪建太:知っておくべきCOI、核医学技術、40(1), 122-123, 2020.

  7. 飯森隆志、庄司友和、三輪建太、澤田晃一、石黒雅伸、関本道治、須田匡也、松原孝祐、對間博之:核医学複合装置(SPECT/CT, PET/CT)のCT撮影線量と定量解析値の精度に関する多施設共同研究、日放技雑誌、75(12), 1491, 2019.

  8. 三輪建太:複合機CTがPET・SPECTの画質と定量性に与える影響、日本放射線技術学会核医学部会誌、40(2), 30, 2019.

  9. 三輪建太:骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0の概要、第34回青森核医学研究会記録集、34, 1-5, 2019.

  10. 三輪建太:PET/CTにおける定量性の向上とHarmonizationの取り組み、第41回神奈川PET・SPECT研究会記録集、41, 2019 (CD-publication, ISSN 2187-8161)

  11. 三輪建太:国際化について一緒に考えよう〜研究発表トレーニングキャンプの紹介〜、日本放射線技術学会関東支部雑誌、22, 17-18, 2019.

  12. 三輪建太、平塚勢哉、木村周平、我妻慧:アルツハイマー型認知症の超早期診断のためのアミロイド・タウPETの定量評価法の開発・評価、医療の広場、59(4), 14-17, 2019.

  13. 三輪建太:知っておくべきCOI、核医学技術、39(1), 140-141, 2019.

  14. 三輪建太:標準化委員会骨検証チーム、核医学技術、39(1), 120-122, 2019.

  15. 三輪建太、平塚勢哉、木村周平、我妻慧:アルツハイマー型認知症の超早期診断のためのアミロイド・タウPETの定量評価法の開発・評価、政策医療財団研究助成事業報告書、29, 51-56, 2018.

  16. 三輪建太、髙橋裕人、宮司典明、我妻慧、村田泰輔:核医学検査における半定量指標の精度と臨床利用、Jpn. J. Med. Phys., 38(2), 79-84, 2018.

  17. 我妻慧、石橋賢士、三輪建太、石井賢二:ここまでわかる脳機能画像「PETを用いた脳機能計測」、核医学技術学会関東地方会誌, 28(1), 21-25, 2018.

  18. 三輪建太、松友紀和、市川肇:SPECT撮像の標準化に関するガイドライン:骨SPECT撮像ガイドラインの概要、日本核医学技術学会関東地方会広報, 27(4), 10-14, 2018.

  19. 三輪建太:Review of standardization and harmonization for PET image acquisition and standardized uptake value、核医学技術、38(1), 39-42, 2018.

  20. 我妻慧、三輪建太、坂田宗之、小野遥香、石井賢二:Discovery MIの性能評価と脳FDG検査,GE today in technology、51, 25-27, 2017.

  21. 三輪建太、松友紀和、市川肇、菊池明泰、嶋田博孝、成田篤、森一晃、藤埜浩一:骨SPECT撮像の標準化に関するガイドライン1.0、核医学技術、37(1), 517-530, 2017.

  22. 三輪建太、我妻慧、山尾天翔、上髙祐人、松原佳亮、赤松剛、今林悦子:アミロイドPETの定量評価に関する研究、日放技雑誌、73(11), 1165-1174, 2017.

  23. 三輪建太、我妻慧、山口正太郎、小池笑也、平塚勢哉、田中雅之:Q.Clearの原理と最新情報,GE today in technology、50, 24-26, 2017

  24. 三輪建太:表示付認証機器の最新事情について、核医学技術、37(1), 59-60, 2017.

  25. 三輪建太、宮司典明:Standardized uptake values for PET/CT and SPECT/CT in clinical practice, 医学物理、36(Sup.3), 25, 2016.

  26. 佐々木雅之、三輪建太、赤松剛、松友和紀:核医学検査をバイオマーカーとするために求められること,核医学部会誌,37(2), 22-28, 2016.

  27. 我妻慧、對間博之、三輪建太:表示付認証機器の使用に関する国内動向とその対応,核医学技術,36(1), 94-97, 2016.

  28. 宮司典明、三輪建太、梅田拓朗:骨SPECT定量測定の校正について,核医学技術,36(1), 69-72, 2016.

  29. 藤淵俊王、髙根侑美、吉田豊、赤坂勉、三輪建太、杜下淳次:九州大学が取り組む課題解決型高度医療人材養成プログラム「実践能力強化型チーム医療加速プログラム」の概要と進捗状況報告,日本診療放射線技師会誌, 63(3), 62-67, 2016.

  30. 赤松剛、木寺大輔、前畠彬、光元勝彦、筒井悠治、三輪建太、佐々木雅之:PET画像再構成におけるpoint-spread function(PSF)補正とtime-of-flight(TOF), 日本放射線技術学会雑誌, 71(11), 1115-1122, 2015

  31. 三輪建太、我妻慧、佐々木雅之:SUVの装置依存について、医学物理士のための医学物理講習会資料2015,25-35, 2015.

  32. 三輪建太、宮司典明、梅田拓朗、村田泰輔、我妻慧、佐々木雅之:腫瘍PET/CTの定量性の向上に向けて−治療効果判定での利用−、Jpn. J. Med. Phys., 35(1), 30-38, 2015.

  33. 三輪建太:SNMMI2015 第62回米国核医学会参加報告, Rad Fan, 13(9), 106-108, 2015.

  34. 三輪建太、赤松剛、村田泰輔、梅田拓朗、我妻慧、宮司典明、佐々木雅之:腫瘍PET/CTにおける最新の技術的トピックス:PSF補正とTOF補正、臨床放射線,60(6), 787-795, 2015

  35. 梅田拓朗、三輪建太、牧野朋子、村田泰輔、宮司典明、:頭頸部腫瘍の撮影技術・治療技術 PET撮像技術,The Journal of TMIT, 26(1), 18-22, 2015.

  36. 三輪建太:井戸端かいぎ,日本核医学技術学会関東地方会広報,24(1), 44-45, 2014.

  37. 金谷信一、秋本健太、奥山康男、對間博之、三輪建太、我妻慧、大屋信義、小野口昌久、飛坂実、野村悦司:表示付認証機器57Co面線源の安全取扱いに関するガイドライン,核医学技術,34(4), 405-439, 2014.

  38. 三輪建太:CTとMRIにおける新しい心拍同期法によるラット左室駆出率の交差検証, 医療の広場, 54(6), 12-14, 2014.

  39. 三輪建太、赤松剛、筒井悠治、光元勝彦、坂口裕一、我妻慧、佐々木雅之:FDG-PET/CTの呼吸制御に関する研究,日本放射線技術学会雑誌, 70(11), 1344-1352, 2014

  40. 三輪建太、我妻慧、村田泰輔:呼吸同期PET/CTの技術的検討と4次元放射線治療計画に向けて,PET journal, 26, 10-12, 2014

  41. 三輪建太:発見、追跡、そして撲滅へ!〜胸部腫瘤性病変の原発から転移まで〜核医学,Rad Fan, 12(9),36-41, 2014.

  42. 三輪建太:第3回アジア核医学技術学会(ASNMT)に参加して, 核医学技術, 34, 169-170, 2014.

  43. 三輪建太、我妻慧:CTとMRIにおける新しい心拍同期法によるラット左室駆出率の交差検証,公益財団法人政策医療振興財団研究助成事業報告書−放射線−,1-18,2013.

  44. 三輪建太、我妻慧、梅田拓朗、村田泰輔、大澤敦、滝口智洋:放射線治療におけるPETの役割, GE today in technology, 42, 14-17, 2013.

  45. 三輪建太:遠隔転移とその理解:PETによる遠隔転移検索, 日本放射線技術学会核医学分科会雑誌, 66, 44-49, 2013.

  46. 三輪建太:SNM2012に参加して、日本放射線技術学会雑誌,69(3), 340-341, 2013.

  47. 三輪建太:PET「遠隔転移とその理解」,放射線技術学会核医学分科会雑誌,65, 24-25, 2012.

  48. 三輪建太:アクション2012〜診療放射線技師におけるキャリアアップのすすめ〜大学院進学経験者として, 日本核医学技術学会関東地方会広報, 22, 27-30, 2012.

  49. Kenta Miwa, Kei Wagatsuma, Masayuki Inubushi, Masayuki Sasaki, Tokuo Umeda, et al.: Radiation Shielding for Beta and Bremsstrahlung Radiation from 89Sr and 90Y, 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics, 2011 (USB-publication).

  50. 三輪建太:「密封線源の安全と扱いに関するガイドラインの検討」WG中間報告—各委員会施設からの使用経験について—、核医学技術, 31(3), 175-178, 2011.

  51. 三輪建太、滝口智洋、大澤敦、田村慎太郎:施設紹介-癌研究会有明病院-,核医学技術,30,159-164,2010.

  52. 三輪建太:第3回核医学画像セミナーに参加して:日本放射線技術学会核医学分科会誌, 59, 68, 2009.

  53. 松林史泰,三輪建太,大橋聖,佐藤智春,倉本秋夫,野村悦司,菊池敬,神宮司公司,徳重尊重:89Srイメージングに向けた基礎的検討:日本放射線技術学会東京部会雑誌,110,39-41,2009.

  54. 三輪建太:初めてのRSNA体験リポート 初めての電子的教育展示発表体験,インナービジョン,23,53-54,2008.

  55. 磯辺智範,三輪建太,藤淵俊王,本田賢治,五味勉,佐藤英介,飯森隆志:コンピュータ支援診断(CAD)とは何か:日本核医学技術学会関東地方会誌,17(1),13-18,2007.

  56. 三輪建太:第63回総会学術大会に参加して−学生会員の派遣報告−,日本放射線技術学会雑誌,63,1105-1118,2007

  57. 磯辺智範,飯森隆志,三輪建太,平野雄二,藤淵俊王,尾崎正則,阿武泉,松村明:誌上講座 頭部領域,日本放射線技師会雑誌,54(1),78-82,2007.