top of page
アンカー 1

三輪・宮司研究室(核医学技術研究室)

我々の研究室では、特に核医学・核医学技術学に関する研究に取り組んでいます。核医学はPETやSPECTに代表される分子イメージングのひとつであり、生体の機能や代謝を測定できる画像診断です。近年はバイオマーカーとして注目されており、個別化医療の鍵としての役割を担っています。

News & Topics

〜2024年度〜​​​​​​​

  • NEW PUBLICATIONの業績を更新しました。(2024.6.15

  • NEW 三輪先生が第150回日本医学放射線学会北日本地方会・第95回日本核医学会北日本地方会のイブニングセミナー(シーメンスヘルスケア)(北海道)にて講演します。(2024.6.22)

  • NEW 共同研究者の我妻先生の論文がEuropean Journal of Medical Physics(Physica Medica)に掲載されました。(三輪先生、山尾先生、宮司先生​、上髙君が共同執筆者)(2024.6.6)

  • NEW 三輪先生が第64回多摩核医学技術検討会(多摩)にて講演しました。(2024.6.14)

  • NEW 三輪先生、宮司先生が米国核医学会(SNMMI2024, カナダ・トロント)で発表しました(2024.6.8-11)

  • NEW アルファ線核医学治療のイメージングとドシメトリのための国際プロジェクト「AlphaMet-Consortium」が欧州を中心にスタートし、三輪先生が共同研究コラボレータとして参加することになりました(2024.5.20)

  • NEW 三輪先生が福島国際研究教育機構(F-REI)委託事業「画期的なアルファ線核種標識薬の開発コンソーシアム」のスタートアップミーティングで講演しました。(2024.5.9)

  • NEW 三輪先生、横川君、比嘉さん、PDRファーマ株式会社との発明が、特許するものと確定し、特許原簿に登録されました【特許第7462156号 名称:プログラム、画像処理装置及び画像処理方法】(登録日2024.3.28)。(2024.5.2)

  • NEW 三輪先生と宮司先生が参加している研究課題(福島復興を加速する多機関連携によるRI医薬品の開発)が福島国際研究教育機構(F-REI)の令和5年度委託事業「RIで標識した診断・治療薬に関する研究開発」に採択されました。(2024.4.26)

  • NEW 共同研究者の我妻先生の論文がEJNMMI Physに掲載されました。(三輪先生、山尾先生、宮司先生​、上髙君が共同執筆者)(2024.4.22)

  • NEW 山尾先生、三輪先生、宮司先生​、上髙君、金子君の論文がBrain Sciencesに掲載されました。(2024.4.20)

  • NEW 三輪先生が第24回日本核医学会春季大会診療放射線技師コース(Web)にて講演しました。(2024.4.25-5.31)

  • NEW 日本放射線技術学会第80回総会学術大会(横浜)で宮司先生がCypos賞Silver賞、金子君がCypos賞Silver賞を受賞しました。(2024.4.11-14)

  • NEW 日本放射線技術学会第80回総会学術大会(横浜)にUC DavisのProf. Simon R. Cherryを招聘しました。(2024.4.13)

  • NEW 三輪先生と宮司先生が日本放射線技術学会第80回総会学術大会(横浜)で講演しました。(2024.4.11-14)

  • NEW 宮司先生と金子君が日本放射線技術学会第80回総会学術大会(横浜)で発表しました。(2024.4.11-14)

  • NEW 宮司先生が学内講師に昇任しました。(2024.4.1)

  • NEW 令和6年度文部科学省科学研究費補助金(科研費)に三輪先生(基盤研究C)と山尾先生(基盤研究C)の2件の研究課題が採択されました。宮司先生(若手研究)は継続。(2024.4.1)

  • NEW 三輪先生が受入研究者として参加している研究課題が2024年度「放射線災害・医科学研究拠点」共同利用・共同研究に2件(代表者:がん研有明・山下先生、北里大・我妻先生)採択されました。(2024.4.1)

  • NEW MEMBERを更新しました。(2024.4.1)

〜2023年度〜​​​​​​​​​

MEMORY
bottom of page